卒業~ゲームクリエイターとしてはばたいて(ちょっとマジメ編)|ブログ

卒業~ゲームクリエイターとしてはばたいて(ちょっとマジメ編)

今日、3/10金ゲームプランナー学科(現ゲームクリエイター学科)21年生が卒業を迎えました。

ボクが担任としてこの学校に赴任したのは2021年7月。本校名物の夏期共同制作がまさに始まろうとしているときでした。

その直前まで、ゲーム会社に勤務。専門学校で教育する事にまだボク自身がなじんでいなくて、共同制作の指導はとても大変でした。なんというか、ゲームを作るっていうことを学生のみんなは全然知らないなあ…とあたりまえのことに驚いたりしていたのです。そうですよね、このクラスに大卒の子は1人しかいないんですから。

でも、2回大きなゲームの制作を経験してクラス全員が「なんかゲーム作れちゃうなぁ」ってところまで1年間でたどり着いてしまいました。実際、クラスの9割近くがゲームの仕事に付くことが出来たんですから。

卒業式のあとクラスの全員から、と花束をくれました。
ボクが嬉しかったことは花束にカスミ草を入れた理由です。

カスミ草の花言葉は「感謝」

企画の仕事は「言葉」を別のなにかに込めることです。もう彼らは、一人前にゲームクリエイターなんだなと感じました。

彼らと、プロとして仕事ができる日を楽しみにして、今日は帰ります。

■ ■ ■

執筆:横山オサム
ゲームクリエイター学科担任

学生時代から気づけばもう30年くらいゲームの仕事でご飯を食べている企画屋。
2021年から本学科の担任に。学校業界ではぴっちぴちの新人。
元々はデザイナーで、この15年は企画、ディレクター、プロデューサーが主な仕事。
採用も担当していたのでめちゃくちゃ就活の指導は上手いです。
趣味はゲーム開発者の勉強会に登壇すること。

春の学校見学会

学校説明を聞いて個別相談もしていただけます
4/29(月)・5/6(月)に開催!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。