共同制作リーダーインタビュー/バネットジャンプ編/ゲームクリエイター学科の学生に直撃レポート!|ブログ

共同制作リーダーインタビュー/バネットジャンプ編/ゲームクリエイター学科の学生に直撃レポート!

※バネの星バネット星の王子が故郷に帰るために上に上にジャンプ!

タブ美です!

今1年生は冬期共同制作の真っ最中。今回は少し遡って夏期共同制作でリーダーを務めたゲームクリエイター学科学生を紹介します。

第2回目は「バネットジャンプ」のリーダーを務めた西山 尭人くんです!

※ゲームを開発する西山くん。

■どんなゲームか教えてください!

「キャラクターがジャンプして高く高く床を登っていくアクションゲームです。ボタンを押す長さでジャンプする強さが変わるのがポイントですね。」

※これが西山くんの企画書だ!

■どんな事にこだわって企画しましたか?

「プレイヤーがプレイするたびに操作が上手くなっている事を感じもらえるようにバネの仕組みやギミックを考えたことです。」

※大人数の前で発表するのもリーダーの大切な役目です。

■制作で大変だったことはどんなことでしたか?

「チームで何かものを作るのは初めてだったので、スケジュールを計画どおりに進めていくのがとても大変でした。途中先生に作業の進め方のアドバイスなど受けて完成までたどり着くことが出来ました。」

■制作で特にこだわったのはどんなところですか?

「レベルデザイン(※)です。ジャンプして登っていくことを楽しんで欲しいので、プレイしながらどんどん上達していることを実感してもらえるようなステージ構成を考えました。」
※レベルデザイン…ステージの配置などを考えることです。

※何にこだわったか、発表会ではスライドで説明をします。

■秋季制作発表会で企業の方からどんな感想を頂きましたか?

「『ターゲットユーザーとゲームのコンセプトをあらかじめ最初にリンクさせて、もう一度プレイしたくなるようなレベルデザインにするともっと良くなるよ』と言っていただきました。」

※ゲーム会社の方々に、力いっぱいプレゼンする西山くん。

■自分たち企画のしごとのやりがいはどんなことだと思いましたか?

「今回、グラフィックは市販のアセット(ゲームのパーツ)を使ったのですが、自分が集めたアセットがプログラマーさんたちの手で、どんどん動くようになっていくのには感激しました。頭の中で描いていたアクションが、実際に出来るようになるのはとてもやりがいを感じますね。」

■最後にゲームクリエイターを目指す人にひとこと!

「これまでにどんなゲームをプレイしてきたかが、企画力に関わってくるので、今のうちからたくさんゲームを遊んで知識をつけてください!!」

■新作ゲーム開発中!

西山くんは、いま個人で3Dアクションゲームの開発にチャレンジしています。今回はプログラマーさんの力を借りることが出来ませんが、講師の先生のサポートもあって、すごい作品が出来そうですよ。完成を楽しみに待っててくださいね!

※ゲームエンジンを駆使してゲームを制作する西山くん。

■ ■ ■

■ ■ ■

執筆:タブ美ちゃん

ゲームクリエイター学科イマジナリー(非実在)学生

歌って踊って絵もかけて、ゲームの企画もプログラムも出来ちゃう超優等生!
でも普段からとっても明るいクラスのリーダー的存在!

テクニカル系の記事を担当します!

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。