夏期共同プログラマーインタビュー ~人造天使の追葬曲編~|ブログ

夏期共同プログラマーインタビュー ~人造天使の追葬曲編~

みなさまこんにちは
ゲームプログラマー学科 チューターの阪牧です

今回はチーム人造天使の追葬曲の西尾君、渋田君、森口君にインタビューしました!

Q1. どんなゲームですか?

音波を駆使して敵から逃げてゴールを目指す、ステルスホラーゲームです。

Q2. 今回の共同制作でこだわったところはなんですか?

西尾君: どのようにホラーを再現するか、音波システムをどうゲームに生かすか。

渋田君: 自身が書いたコードにはできるだけコメントを書き、チームメンバーが見ても何をしているか分かるようにしていた。

森口君: できるだけきれいになるようプログラムを組んだところ。

Q3. 今回初めて他の学科とチームで絡んでみた感想をお願いします。

西尾君: 皆お互いを尊重し意見が出しやすく良いチーム。

渋田君: プランナーがいると楽だと感じた。

森口君: プランナーの人がしっかり指示とかしてくれるので仕事感がでていい経験になっていると思う。

Q4. 共同制作を経験した感想をお願いします。

西尾君: 自分のチームはプランナー、デザイナー、プログラマー3学科のフルメンバーなのでチームワークがとても大事で一人で悩まず相談することの大切さを知れた。

渋田君: 役割分担して作業をすることは一人でするより進みが早く、自分がわからないこともチームの人たちに聞いて作業ができたのでよかった。

森口君: 職場感があってリアルに体験できていい環境だと思った。

ということでチーム人造天使の追葬曲へのインタビューでした!三人ともありがとうございます😃

例年ホラーゲームを制作するチームはホラー要素をどう表現するかで悩んでいますね
色んなゲームを見て勉強する様子が見られてとてもよかったです!

ゲームプログラマー学科に少しでも興味が出たという人はオープンキャンパスや個別相談会にぜひ参加してください!学科の公式Instagramも見てくださいね!

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。