夏期共同プログラマーインタビュー ~magica-schola編~|ブログ

夏期共同プログラマーインタビュー ~magica-schola編~

みなさまこんにちは

ゲームプログラマー学科 チューターの阪牧です

今回はチームmagica-scholaの岩本君、三宅君、伊藤君にインタビューしました‼
早速行きましょう。

Q1. どんなゲームですか?

シューティングタワーディフェンスです。

Q2. 共同制作をやってみて楽しかったところと大変だったところはなんですか?

岩本君: 他学科の人が良い人で雰囲気良く制作ができたことです。

三宅君: メンバーでコミュニケーションを取ってお互いに助けあったところと、プログラムが競合したことです。

伊藤君: みんなと作品を作る一体感が楽しいことと、他の学科の人と合わせるのが難しいところです。

Q3. 今回初めて他の学科とチームで絡んでみた感想をお願いします。

岩本君: プランナーの方は毎日来てくださって進捗確認や話し合いができてやりやすかったです。CGデザイナーの方は仮素材や修正など仕事が早くてよかったです。

三宅君: みんな話しやすくて楽しかったです。

伊藤君: 作業の完了待ちとかで面倒な場面もあったが楽しかったです。

Q4. 共同制作を経験した感想をお願いします。

岩本君: 他学科の、特にプランナーがいる状況での制作を経験ができてとても良かったと思いました。いい雰囲気の職場を体現したような環境でした。

三宅君: 1人でやるよりも進度が早くやりたいことがしっかり出来てよりよいゲームを作れそうだと思いました。

伊藤君: いい感じでした。

ということでチームmagica-scholaへのインタビューでした、三人ともありがとうございます❗

このチームはチューター目線で見ていても、全体的にチーム内の雰囲気良く制作が行えているように感じました❗

これから先も各学科で協力しながら頑張ってほしいですね

ゲームプログラマー学科に少しでも興味が出たという人はオープンキャンパスや個別相談会にぜひ参加してください!学科の公式Instagramも見てくださいね!

オーキャン交通費サポート!

学校公式LINEをお友だち登録した全員
交通費サポートカードがもらえる♪

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。