夏期共同プログラマーインタビュー ~magical-grapple編~|ブログ

夏期共同プログラマーインタビュー ~magical-grapple編~

みなさまこんにちは

ゲームプログラマー学科 夏期共同制作インタビューの続きです。
今回はチームmagical-grappleの藤本君、樋崎君、大西君にインタビューしました。
早速いきましょう‼

Q1. どんなゲームですか?

マジックハンドを使い、モノを動かしたり迫りくる敵を倒したりするゲームです。

Q2. 共同制作をやってみて楽しかったところと大変だったところはなんですか?

藤本君: プログラミング以外の知識が乏しかったので、他の学科の方にゲームの完成イメージを詳細に伝えることが難しかったです。

樋崎君: プランナーがいない分の作業が多かったこととできた時の達成感がありました。

大西君: 今まで一人で学校生活を送ることしかなかったのでグループになって作業して、協力してゲームを作ることがとても楽しいことだととても感じました。

Q3. 今回初めて他の学科とチームで絡んでみた感想をお願いします。

藤本君: 計画通りに進めることができませんでしたが、その分、学べることが多かったです。

樋崎君: コミュニケーションをとることが重要だと感じました。

大西君: 自分たちには出来ないことがほかの学科では多く尊敬する部分が多かったことです。

Q4. 共同制作を経験した感想をお願いします。

藤本君: やはり学べることが多かったです。今回はプランナーの方がいなかったので、次回はプランナーさんともチームを組んでみたいです。

樋崎君: 辛い時もあるけど楽しいと感じました。

大西君: この共同制作を通じて今までのグループ作業より楽しく、同じ趣味の人が多かったので、会話が弾み、よい学校生活を送れていることを改めて実感しました。

ということでチームmagical-grappleへのインタビューでした‼

三人ともありがとうございます。メインアクションに苦戦しておりましたが、たくさん質問して実装できましたね。よく頑張ったと思います。

ゲームプログラマー学科に少しでも興味が出たという人はオープンキャンパスや個別相談会にぜひ参加してください!学科の公式Instagramも見てくださいね!

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。