夏期共同プログラマーインタビュー ~neoroid編~|ブログ

夏期共同プログラマーインタビュー ~neoroid編~

みなさまこんにちは

ゲームプログラマー学科 チューターの阪牧です。
今回はチームneoroidの古市君、武藤君、宮城君、田中君にインタビューしました!

Q1. どんなゲームですか?

磁力を活かしたパズルアクションです。

Q2. 共同制作をやってみて楽しかったところと大変だったところはなんですか?

古市君: 楽しかったところは、デザイナーが描いた絵を動かせるところで
大変なところはリーダーとしてのタスク管理です。

武藤君: 相談しあいゲームの土台ができ始める瞬間がわくわくしていた。

宮城君: やるべき所が明確に見えてくると面白い。

田中: 全体的にスケジュールが大変だったのではないかと思います。

Q3. 今回初めて他の学科とチームで絡んでみた感想をお願いします。

古市君: 他学科の作業内容を詳しく知らないので話し合いのときにイメージが湧きにくいと感じました。

武藤君: 技術的にわからない部分が多いので、お互いに頑張らないといけないと思いました。

宮城君: 学科が違うと意見もいろいろ変わるんだなと思いました。

田中: 様々な意見を聞けたからよかったと思う。

Q4. 共同制作を経験した感想をお願いします。

古市君: 共同制作だからこそ起こる問題もあり、いい経験になったと思います。

武藤君: チームを組んで共同で制作をする第一歩を味わうことができたので良い経験だと思っています。

宮城君: 報・連・相が欠けると大変なことになると感じた。

田中: チームで一つの作品を作るのは難しいと思いました。

ということでチームneoroidへのインタビューでした、四人ともありがとうございます!

このチームはプログラマーが四人のチームだったのでタスクの振り分けなど難しかったかと思いますが最後まで完成させることができてよかったと思います😄

ゲームプログラマー学科に少しでも興味が出たという人はオープンキャンパスや個別相談会にぜひ参加してください!学科の公式Instagramも見てくださいね!

オーキャン交通費サポート!

学校公式LINEをお友だち登録した全員
交通費サポートカードがもらえる♪

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。