夏期共同プログラマーインタビュー ~フックトレジャー編~|ブログ

夏期共同プログラマーインタビュー ~フックトレジャー編~

みなさまこんにちは

夏期共同制作プログラマーインタビューの続きです。
今回はチームフックトレジャーの江藤君、川本君、岡原君にインタビューしました。
早速行きましょう!

Q1. どんなゲームですか?

フックを使って障害物を避けながらゴールを目指すゲームです
Q2. 共同制作をやってみて楽しかったところと大変だったところはなんですか?

江藤君: フックアクションの実装が思っていたよりずっと難しかったです。

川本君: 当たり判定部分の実装をすべて担当しており、それらに関する情報のやり取りが大変でした。

岡原君: 少しずつ挙動が変わっていくところが楽しかったです。エラーが出たところを何回も直すのが大変でした。

Q3. 今回初めて他の学科とチームで絡んでみた感想をお願いします。

江藤君: 自分では思わないような発想が出てきたりするので面白いなと思いました。

川本君: 学んでいることが違うのでまるで他の学校の人と作業しているようで新鮮な感覚でした。

岡原君: 優しい方ばかりだったので楽しかったです。

Q4. 共同制作を経験した感想をお願いします。

江藤君: 初めての共同作業で連携をとることの難しさがわかりました。チームで連携をとって作業した経験はこれからのゲーム制作で生かしたいと思います

川本君: 今回初めて他学科とチームを組んだことで改めてコミュニケーションの難しさを実感しました。

岡原君: 大変だけどカバーしながらやったので充実していました。

ということでチームフックトレジャーへのインタビューでした。三人ともありがとうございます!

チーム全員で作ったものが徐々に形になっていく、その様子を見られるのはモチベーションにもつながりますし、何より楽しいと思います。

ゲームプログラマー学科に少しでも興味が出たという人はオープンキャンパスや個別相談会にぜひ参加してください!学科の公式Instagramも見てくださいね!

平日 学校見学・個別相談会

学び直し、キャリアチェンジの相談がしたい!
普段の学校の様子がみたい

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。