CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. 2DCGデザイナーの仕事とは?

2DCGデザイナーの仕事とは?

2DCGデザイナーの仕事とは? デザインに興味のある方は2DCGデザイナーという言葉を耳にしたことが一度くらいあるのではないでしょうか?
もしかしたら聞いたことがないという方もいるかもしれません。
そこで今回は2DCGデザイナーの仕事について求められる能力や、やりがいなどについて詳しく解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

2DCGデザイナーとは

2DCGデザイナーとは、「Photoshop」や「Illustrator」、「CLIP STUDIO」などのデジタルツールを用いて平面の絵を描くデザイナーのことです。
2DCGデザイナーの主な仕事内容としては、ゲームのキャラクターや背景などの作成などが挙げられます。
また、デザイン作品のほかに、産業用の図面や画像、アニメーションなども製作することがあります。
そのため2DCGデザイナーは「2DCGクリエイター」、「2DCGアーティスト」と呼ばれることもあります。

2DCGデザイナーに求められる能力とは?

2DCGデザイナーのお仕事ではクオリティの高いデザインが求められます。
そのためプロとして活動していくためにはデザインの知識や技術を兼ね備えていることが必須です。
また、制作現場では「Illustrator」や「Photoshop」、「CLIP STUDIO」などを使ってグラフィックを作ることが多いので、それらのツールを巧みに使いこなせるような操作技術も求められます。

2DCGデザイナーのやりがいとは?

2DCGデザイナーのやりがいは、自分の好きな「イラストデザイン製作」を仕事にできるという点ではないでしょうか。
好きなことでお金が得られるというのは、2DCGデザイナーならではの魅力と言えます。
また、自分の描いたイラストデザインが多くの人目に触れたり、誰かに評価された時には、喜びや達成感を感じることができます。
中には良い評価だけでなく悪い評価もあるかもしれませんが、それをキッカケに今後の改善点が見えてくることもありますし、「やってやろう」というモチベーションにつながることだってあります。
このように自分の描いたイラストデザインを通じて、たくさんの人に喜びや感動を与えられるというのは、2DCGデザイナーにしかない魅力と言えるでしょう。

2DCGデザイナーの仕事まとめ

今回は2DCGデザイナーに関する情報をお伝えさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?
2DCGデザイナーはデジタルツールを用いてデザインを製作するお仕事です。
そのため高度なグラフィック技術はもちろん、「Photoshop」や「Illustrator」、「CLIP STUDIO」の操作技術も必要になります。

2DCGデザイナーは自分の好きな描くことで、たくさんの人に感動や喜びを与えることができます。
もちろん楽しいことばかりではなく、辛いことだってあるかもしれませんが、それだけ2DCGデザイナーのお仕事にはやりがいや楽しさが多いです。
これから2DCGデザイナーを目指す方は進みたい方向性を明確にした上で、日々の練習に励んでいってください。