キャラクターデザイン学科

イラストレーターの仕事とは?

イラストレーターの仕事

絵を描くのが好きだという方はイラストレーターを一度くらい夢見たことがあるかもしれません。
イラストレーターが関わる媒体は数多く、広告やチラシ、ポスター、雑誌や小説の表紙や挿絵などを始め、ゲームやアニメ、活動の場はとても幅広いです。
本記事ではイラストレーターの仕事について求められる能力や、やりがいなどについて詳しく解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

 
quotation

イラストレーターとは

イラストレーターとは、クライアントの要望に応じて絵を描くお仕事です。
イラストレーターが関わる分野はとても幅広く、小説や雑誌、カタログ、広告など、媒体によって適切な絵柄は変わってきます。
イラストレーターは基本的に自分の描きたいものを描ける訳ではなく、編集者や広告代理店などの依頼主の趣旨に沿って描いていかなければなりません。
大まかな業務の流れとしては、クライアントと打ち合わせを行うところから始まり、そこで受け取った詳しい要望や設定資料をもとに、納期までのスケジュールを意識しながらイラスト製作を進めていきます。

イラストが一通り完了した後は一度クライアントに見てもらい、修正が必要であれば指示された部分の修正作業を行っていきます。
基本的には修正を何度も繰り返して少しずつ完成形へ近づけていくといったケースが多いです。

 
quotation

イラストレーターはどんな人が向いているの?

イラストレーターに向いている人はどんな人でしょうか。まず、絵を描くことが好きであることが大前提です。
イラストレーターは仕事として絵を描くことになり、1日何時間も絵と向き合うことも多いので、覚悟が必要になります。
また、より良い絵を描けるようになりたいという向上心を常に持っている人も、イラストレーターに向いているでしょう。
さらにイラストレーターは、コミュニケーション力や傾聴力も大事です。

イラストレーターは、自分の好きな絵を描くのではなく、クライアントがどんなイラストを求めているのかを理解した上で描かなければなりません。
日常的に、人の気持ちや悩みなどを聞き出すのが上手な人は、イラストレーターの適性があると言えます。
また、個人事業主のイラストレーターとして活動する場合は、自分で営業をして仕事を獲得しなければならないため、ビジネス的なコミュニケーション能力も必要です。

イラストレーターはどんな人が向いているの?

イラストレーターに向いている人はどんな人でしょうか。まず、絵を描くことが好きであることが大前提です。
イラストレーターは仕事として絵を描くことになり、1日何時間も絵と向き合うことも多いので、覚悟が必要になります。
また、より良い絵を描けるようになりたいという向上心を常に持っている人も、イラストレーターに向いているでしょう。
さらにイラストレーターは、コミュニケーション力や傾聴力も大事です。

イラストレーターは、自分の好きな絵を描くのではなく、クライアントがどんなイラストを求めているのかを理解した上で描かなければなりません。
日常的に、人の気持ちや悩みなどを聞き出すのが上手な人は、イラストレーターの適性があると言えます。
また、個人事業主のイラストレーターとして活動する場合は、自分で営業をして仕事を獲得しなければならないため、ビジネス的なコミュニケーション能力も必要です。

 
quotation

イラストレーターの収入はどれくらい?

イラストレーターの収入は、雇用形態によってかなり差があります。正社員として企業で働くイラストレーターの平均年収(2022年現在)は350万円ほどで、これを月給に換算すると29万円、初任給は20万円ほどになります。
一方、派遣社員のイラストレーターの平均時給(2022年現在)は約1,400円ほどで、アルバイト・パートの場合の平均時給(2022年現在)は約960円ほどです。
イラストレーターの平均年収は比較的低めですが、正社員の中でも年収650万円ほどの人もおり、同じ雇用形態でも職場や経験、スキルによって給料の幅が広くなっています。

フリーランスのイラストレーターの場合も収入は幅広く、年収が100万円以下の人もいれば600万円以上の人も。
フリーランスの単価は1枚単位で考えられることが一般的で、ソーシャルゲームのイラストの場合、新人は1枚3万円ほどですが、人気のイラストレーターだと15〜20万円にも上ります。

 
quotation

イラストレーターのやりがいとは?

イラストレーターの1番のやりがいは何と言っても、自分の描いた絵を多くの人に見てもらい、感動や喜びを与えられることではないでしょうか。
自分の手がけたイラストが公共の場に貼られていたり、本屋などに並んでいたりするのを見ることは、大きな喜びや充実感を感じられる瞬間です。

絵を通して自分の伝えたい世界観やメッセージを知ってもらうこともできまし、それを共感してくれる人だって現れるかもしれません。
また、イラストレーターとしての実力が認められれば、「あなたにイラストを描いて欲しい」と依頼を頼んでくる人が増えてきます。
そのように自分のイラストや個性が認められれば、今後のモチベーションや自信につながっていくでしょう。

イラストレーターはどうしたらなれるの?

イラストレーターになるために資格や学歴が必要なわけではありません。
とはいえ、イラストレーターとして仕事を受けるためには、絵の描き方の基本や一定レベル以上のスキルを身につけている必要があります。
そのためイラストレーターは、イラストの専門学校や美術系の大学で学んでいることがほとんどです。
学校を卒業したら、広告代理店やデザイン事務所などに就職して経験を積み、人脈を広げる、スキルを上げるなどをしてから、イラストレーターとして独立するパターンが多いでしょう。
学校選びの際は、イラストレーターの養成に特化した学科があるところを選ぶと、現役プロのイラストレーターによる直接指導を受けられる、企業と提携した産業協同プロジェクトを体験できるといったメリットがあります。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。