CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. アートディレクターの仕事とは?

アートディレクターの仕事とは?

アートディレクターの仕事とは? 今日、日本国内外問わず、雑誌や商品、広告などさまざまな形で多くのデザインを目にする機会が増えてきました。
そのデザインを作りあげるためにクリエイターに指示を出しながら、デザインに関してさまざまな責任を背負っている人々が、アートディレクターです。
さまざまな作品に携わるアートディレクターに興味を持ったとき、実際の仕事内容や必要している能力、やりがいはなんなのか見えてこないと、目指そうと思ったときに動けないという人も多いのではないでしょうか。
そこで、ここではアートディレクターについて、さまざまな視点で見ていきたいと思います。

アートディレクターとは

アートディレクターは、主に広告代理店や制作会社、デザイン事務所、メーカー内の広告制作部門に勤務、もしくはさまざまな企業を経験してからフリーランス(業務受託)という形で勤務している人が多く見られます。
アートディレクターの仕事は多岐にわたり、クライアントとの打ち合わせから制作したもののチェックを行い、納品するなどさまざまな仕事を行なっています。
冒頭でもお話ししたように、デザインにおける表現の責任者という立場であることから、企画からかかわることが多く、営業などのクライアントと顔をあわせる機会も多くあります。

そして、制作に必要な人材を社内外から選定していき、スタッフ全員で制作する作品全体の方向性を定めてから、クライアントにプレゼンテーションをするために企画をまとめていきます。
そこでまとめたものをクライアントに向けてプレゼンテーションをし、了承を得られた段階でスタッフであるクリエイターそれぞれに実際の現場で式をとっていき、完成したら厳重なチェックを繰り返し、納品していきます。
ここまで見ても、アートディレクターの仕事の幅は広く、デザインを作り上げていくという仕事の中心として立つ立場であるといえます。

アートディレクターに求められる能力とは?

アートディレクターに求められる能力は「デザインが用いられる媒体に関する知識」、「デザイン関連のソフトに関する技術と知識」、「さまざまな人ととれるコミュニケーション能力」が挙げられます。
媒体に関する知識は、媒体ごとにそれぞれどのような特色があり、どうデザインを施して行けばいいのかが異なることから、知識が求められます。
そのため、雑誌などをはじめ、Webや映像、写真などさまざまな媒体に関するデザインの知識やセンスを養っていく必要があります。

さらに、アートディレクターは制作の現場でも指示を出す立場でもあることから、PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトでどのように作り出せるのかを知っておくことも欠かせません。
そして、クライアントとの打ち合わせや制作現場の人々へ指示を出すとき、明確に伝えていくためにも、コミュニケーション能力を培っていくことも大切です。
もしトラブルが発生したときも、仲介役として担うこともあるため、コミュニケーション能力を高めておくことでより円滑に済ませられるので、人と話すときに意識できるようにすると良いでしょう。

アートディレクターのやりがいとは?

アートディレクターは、多くのデザインに関わることが多いことから、さまざまなタイミングでやりがいを抱くことが多くあります。
まずやりがいとして思うことが多いのが、デザインを担当している案件が終わりを迎えたときです。
デザインを担当している案件は短期間のものもあれば、年単位かかるものもあるため、長さ問わず終わりが見え、納品をして一息ついたときにやりがいを感じると言う人が多く見られます。

そして、アートディレクターがやりがいを抱くときは、自身が手がけたデザインの案件が世に出たときです。
多くの人々が、自身が担当した案件に触れ、感想が多くの場で挙げられているのを見て、モチベーションを上げていくアートディレクターもいます。
以上を見ての通り、アートディレクターは長い期間デザインを考え、案件に対応していくことが多いことから、自身の案件が終わったときや表に出たときにやりがいを感じることが多いことから、さまざまなケースでやりがいをもってできる仕事といえるでしょう。

アートディレクターの仕事まとめ

ここまでアートディレクターの仕事について、多角的に解説していきました。
私たちが日常見慣れている雑誌やWeb関連のサービス、映像、写真などデザインに関連するさまざまなものを制作する現場をまとめているアートディレクターがどんな職業なのかが見えてきたのではないでしょうか。
日々多くのデザインと向き合い、クライアントや多くのスタッフと関わりながら取りまとめていくアートディレクターは、ほかのクリエイター業界の職種と比較しても、多大な苦労を重ねることが多い職業です。
しかし、それ以上にかかわっていた案件が世に出て多くの人々が目にしている様に感慨深くなるのはこの職業だからこそです。