CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. グラフィックデザイナーの仕事とは?

グラフィックデザイナーの仕事とは?

グラフィックデザイナーの仕事とは? デザインに興味のある方はグラフィックデザイナーという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?
もしかしたら聞いたことがないという方もいるかもしれません。
そこで今回はグラフィックデザイナーの仕事について求められる能力や、やりがいなどについて詳しく解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーとは、新聞、雑誌、パンフレットなどの広告や、ポスター、チラシなどのプロモーションツールなどを製作するお仕事です。
一般的には、広告代理店や広告制作会社、デザイン事務所、企業の広報部・制作部などがグラフィックデザイナーの活躍の場となります。
グラフィックデザイナーのキャリアを積んだ後は、広告全体を指揮するアートディレクターの道へ進む人もいれば、独立してフリーで働く人もいます。

グラフィックデザイナーの大まか仕事の流れとしては、まず初めにスタッフの方々と打ち合わせ行い、デザインの方向性について意見を出し合います。
方向性が定まった後はスタッフそれぞれが各パートに分かれて、納期に間に合うようデザインの製作を進めていきます。
デザインが一通り完了した後はクライアントに一度見てもらい、修正が必要かどうか確認します。
修正が必要な場合は直ちに指示された箇所の修正を行い、問題がない場合は無事に納品となります。

グラフィックデザイナーに求められる能力とは

グラフィックデザイナーのお仕事では、デザインの基礎知識や技術はもちろんのこと、独創的な作品を作るためには感性やセンス、豊かな発想力などが求められます。
そのほかにも常に新しい情報をキャッチしたり、現在のトレンドを俊敏に読み取るなどの「情報収集能力」も必要とされます。
また、グラフィックデザイナーは仕事上、デジタルツールを使う機会が多いので、写真やフォント、印刷工程などの専門知識も持っておかなければなりません。

グラフィックデザイナーのやりがいとは

グラフィックデザイナーは、自分のアイデアやセンスによってグラフィックを製作するお仕事です。
そのため絵を描くのが好きな方やモノづくりが好きな方にとっては、お仕事で感じられるやりがい・楽しさは多いでしょう。
また、自分が描いた絵がポスターや雑誌、カタログなどになり、世の中に発信され、商品が売れた時には、大きな達成感を得ることができます。
そしてグラフィックデザイナーとして実績やキャリアを積んでいくと、やがてキャリアアップの可能性も見えてきます。
そういった新たな挑戦やステップアップのきっかけがあることで、お仕事へのモチベーションもますます高まっていくでしょう。

グラフィックデザイナーの仕事まとめ

グラフィックデザイナーとして一人前になるためには絵を描く練習はもちろん、ほかの人が描いた作品を見たりして、想像力や発想力を養っていくことが大切です。

これからグラフィックデザイナーの道を歩んでいく方は、自分の将来像を一度明確にしてみてください。
「自分は将来どんなグラフィックデザイナーのなりたいのか」、「グラフィックデザイナーになって何を成し遂げたいのか」をハッキリさせることによって、自ずと進むべきルートは見えてくるでしょう。