CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. 玩具・トイデザイナー(商品企画)の仕事とは?

玩具・トイデザイナー(商品企画)の仕事とは?

玩具・トイデザイナー(商品企画)の仕事とは? 日本では毎年多くもおもちゃが生まれており、多くの子どもたちがおもちゃで楽しく遊ぶ姿が見られます。
そんなおもちゃなどの商品を企画からデザインを手がけている人々が、玩具・トイデザイナー(商品企画)です。
そんな玩具・トイデザイナー(商品企画)に興味をもったとき、仕事内容や、必要としている能力、やりがいとはなんなのか、見えてこないとなかなか動けないという人も多いと思います。
そこで、今回は玩具・トイデザイナー(商品企画)について、多角的に解説していきます。

玩具・トイデザイナー(商品企画)とは

玩具・トイデザイナー(商品企画)は、主に玩具関連のメーカーや企画・デザイン専門の制作会社などに勤務、もしくは企業から独り立ちをしてフリーランス(業務受託)という勤務形態で働く人が多い傾向です。
彼らの仕事は名前の通り、おもちゃのデザインを行なっていきますが、その作業量は多岐に渡ります。
まず企画段階ではどのような意図や商品コンセプトかを企画担当と話し合いながら、デザインをしていきます。
デザインも対象年齢である子どもが遊びやすいようにフォルムから細かなデザイン、素材、さらには実際に使用したときや収納するときなどの使い勝手なども考えながら進めていきます。

近年は年齢層や人気のあるおもちゃが異なることから、さまざまな年齢層や人気のあるおもちゃ専任の玩具・トイデザイナー(商品企画)を雇っているケースが見られます。
そして、玩具・トイデザイナー(商品企画)は、企画からデザインにかかわるだけではなく、商品がどのような意図や商品コンセプトかを、デザイナーという立場として商品発表や企業単位のイベントに出席することもあります。
以上を見ての通り、玩具・トイデザイナー(商品企画)は商品制作の中心として立つ立場であることから、とても重要な役割を果たしているといえます。

玩具・トイデザイナー(商品企画)に求められる能力とは?

玩具・トイデザイナー(商品企画)に求められる能力は「新しい物を作るためのトレンドを見抜く目と意欲」、「さまざまな商品をデザインできるスキル」、「コミュニケーション能力」が挙げられます。
玩具・トイデザイナー(商品企画)は、企画からかかわるケースが多いことから、新商品を生み出したいという意欲とともにマーケティング能力なども求められます。
従来あった商品と同じようなものではなく、新しい商品を生み出すためにも、この2点は備えておくと良いでしょう。

さらに、おもちゃはさまざまな大きさや形、素材などがあることから、グラフィックデザインソフトを使ってどんなデザインでも対応できるスキルも兼ね備えているとより良いと考えている企業が多くあるので、その点も専門学校などで力をつけておく必要があります。
そして、玩具・トイデザイナー(商品企画)はさまざまな人々と多くかかわっていく仕事でもあることから、仕事を円滑に進められるコミュニケーション能力もあると良いでしょう。

玩具・トイデザイナー(商品企画)のやりがいとは?

玩具・トイデザイナー(商品企画)は、多くのおもちゃを企画、デザインを担当することから、担当した新商品が世に出たタイミングでやりがいを感じる人が多い傾向です。
この点でやりがいを抱く人が多い理由としては、玩具・トイデザイナー(商品企画)は日々多くのデザインをしては、修正やデザインのやり直しを要求されることが多いことが挙げられます。
しかし、おもちゃを使う子どもたちが満足できるものを作り上げていくためには、妥協をせずに何度もデザインを行なっており、その苦労は玩具・トイデザイナー(商品企画)ならではと言えるものです。
なので、自身が携わったおもちゃが多くの親子が楽しみ、感想などが会社、近年はSNSなどで挙げているのを見て、次のおもちゃの開発へとモチベーションを保っていくことで、よりやりがいをもってできる仕事といえるでしょう。

玩具・トイデザイナー(商品企画)の仕事まとめ

今回は玩具・トイデザイナー(商品企画)の仕事について、さまざまな視点でお送りして生きました。
子どもたちが日々遊び、触れているおもちゃにより新鮮味と楽しさを施すために、企画からデザインまでを担当している玩具・トイデザイナー(商品企画)がどんな仕事をしているのか、そしてスキルが求められているのかが見えてきたと思います。
多くの商品を担当することから、さまざまな苦労を多く重ねることとなる反面、世に商品が出たときに多くの喜びを得ることができるのは玩具・トイデザイナー(商品企画)ならではのものです。
さまざまなおもちゃの企画からデザインにかかわり、子どもたちの笑顔を見ていきたいと思ったときは、玩具・トイデザイナー(商品企画)の仕事ができるようにデザインなどのスキルを磨いてみてはいかがでしょうか。