ゲームプランナー学科 2018年4月開設予定

  1. トップページ
  2. ゲームプランナー学科
  3. ゲームディレクターの仕事とは?

ゲームディレクターの仕事とは?

ゲームディレクターの仕事とは? ゲームディレクターは、ゲーム制作の現場の総責任者となる仕事です。
ゲーム制作のスケジュールも決め、プロジェクト全体のリーダーであるプロデューサーとも一緒に仕事を進めます。

また、プログラマーや、プランナー達をまとめ、制作現場全体に指示を出す立場となる為、実際に開発側に携わっていた人がキャリアアップする場合が殆どです。
ゲームを実際に作っていく現場の責任者になるので、やりがいも大きなものになります。

ここでは、そんなゲームディレクターの仕事について詳しく解説していきましょう。

ゲームディレクターとは

ゲームディレクターの主な仕事は、プロデューサーと共にゲームの企画を考え、開発現場のスケジュールを決めて、そのスケジュール通りに開発が進められるように指示を出していくことです。

ゲームの企画をするには、これまでの開発者側としての経験はもちろん、自分自身の発想力などが求められます。
新しいゲームの情報を常に仕入れたり、実際にプレイしたりして、アイディアが浮かびやすい状況にしておくことが大切です。

さらに、ゲームの開発には、プログラマーやプランナー、デザイナーなどの多くの人が関わっています。
スケジュール通りに進める為に、それぞれの開発部署でどんな流れで仕事が行われているか把握しておくのも大切になります。
また、それぞれの能力を最大限に生かす為にプロデューサーとの連携も欠かせません。
プロデューサーはプロジェクト全体のリーダーになる為、最終的なスケジュールのOKを出してもらう為に時に交渉も必要になるからです。
ディレクターとして、常にメンバーの働き方をチェックしておきましょう。

ゲームディレクターに求められる能力とは?

ゲームディレクターに求められるのは、「的確な指示が出来るだけの知識」と「コミュニケーション能力」です。

ディレクターは、現場の指揮をとらなくてはならないので、自分が以前関わっていた分野だけの知識では対応出来ません。
例えば、プランナーの仕事内容を知らないままでスケジュールを組んでしまったら「こんな無茶なスケジュールは対応出来ません」と拒否されてしまうでしょうし、開発メンバーとの信頼関係も壊してしまいかねません。
近年は分業化が進み、プログラマーやデザイナーそれぞれの専門ディレクターがいることもありますが、それでも開発に携わる仕事全ての業務の知識を身につけておくことが重要です。

また、ディレクターの仕事をする上で、コミュニケーション能力も大切です。
開発メンバーと日頃からコミュニケーションをとっておくことで、何か困ったことが発生した時にすぐに報告してくれるようになるからです。
すぐに対処ができる分、スケジュールの調整もしやすくなりますね。
一方逆に、スケジュール通りに開発が進まないからとメンバーを怒ってばかりいたり、威圧的な態度を取り続けてしまったりしたら、重大なミスやバグなどの結果を伝えづらくなり、結果的に大規模なスケジュールの遅れに繋がってしまう可能性があります。
常に開発メンバーと良好な関係を築く努力をしておきましょう。

ゲームディレクターのやりがいとは?

ゲームディレクターのやりがいは、開発メンバーをまとめて一つのゲームを作り上げることが出来ることです。
多くのディレクターはそれまで実際に開発側に携わった経験があるので、その開発メンバーをまとめてゲームを完成させることが出来たというやりがいは大きいです。

さらに、ディレクターの立場であると自分も具体的なゲームの案を出すことも出来ます。
企画から携わることで、実際にそのゲームがヒットした時の喜びは一層強いものになりますね。
自分の考えたゲームの案も形に出来る可能性があるのは、メリットになりますね。

ゲームディレクターの仕事まとめ

ゲームディレクターの仕事について、詳しく解説してきました。
ゲームの開発メンバーのリーダーとして人をまとめ、それぞれに的確な指示を出していく仕事でしたね。

ディレクターは、それまで開発側に携わっていた人がキャリアアップしてなる場合が殆どにはなりますが、開発分野に関わらず幅広い知識が必要になります。
しかしディレクターとしての仕事は多い分、やりがいも大きいです。

まずは、開発側のメンバーとして働けるように、自分の得意分野の専門知識を学んでいってくださいね。