大阪の声優専門学校

  1. トップページ
  2. 声優学科

ダンスとは

ダンスの授業は、未経験からでもしっかり「表現者」としての土台を作る為に行われます。
ストレッチや、筋力トレーニングなどから学んでいきます。

近年の声優の活動は、アフレコやナレーションだけではなく、アイドルユニットとしてダンスを踊ったりすることもあります。
また、声優オーディションなどで自己表現をしていく上でも、体を自由に動かせるようになることは大切です。
ダンスの授業を通して、一から身につけていきましょう。

AMG声優学科の「ダンス」の特長

その1 元宝塚のプロのダンサーに教えてもらえる

ダンスの授業では、プロのダンサーに教えてもらうことが出来ます。
プロのダンサーの表現力を目の当たりにすることで、気持ちも引き締まります。

その2 腹筋や背筋などの基礎トレーニングから学べる

正しい発声のための体作りダンスをする上で大切なのは、体のストレッチです。
ストレッチなしでダンスをしてしまうと、体を故障の原因となってしまうからです。

AMG声優学科のダンスの授業では、体を痛めないように腹筋や背筋を鍛える筋力トレーニングや、体幹トレーニングからしっかりと学ぶことが出来ます。
正しいストレッチの方法を学ぶことで、より体に負担をかけないダンスが出来るようになります。
声優としてダンスを踊る際にも応用できるので、大切な知識です。

その3 リズム感、正しい姿勢や立ち姿までの基本を学べる

どんなに正しいダンスを踊っていたとしても、リズム感がなかったり、姿勢や立ち姿が悪いと意味がありません。
ダンスの授業の中では、正しいリズムの取り方や、姿勢、立ち姿も学ぶことが出来ます。

正しいリズム感は日々の特訓を重ねることで、身につけることが可能になります。
姿勢や立ち姿も意識をすれば直すことが出来ます。
一つずつの基本をじっくり見て直していくことで、ダンスを踊った時も美しい姿が保てるようになります。

「ダンス」の授業について

ダンスの授業の前半は、まず柔軟とストレッチに使います。
1年生のうちに徹底的に姿勢や歩き方を改善する為に、教室の端から端までを歩いたり、立ち姿や座った時の姿勢を確認して直していきます。
舞台に立つ上で、立ち姿はそれほどまでに重要です。

柔軟とストレッチが終わったら、曲に合わせて振りつけて踊っていきます。

ダンスが踊れるようになれば、自分が表現できる幅がより広がります。
2年生になるとダンスの発表イベントも行われるので、リズム感や姿勢などの基本は1年生のうちにしっかりおさえておくのがベストです。

「ダンス」のゴール

ダンスの授業のゴールは表現者として土台を築き、パフォーマンス能力を身につけることです。

ダンスの授業は2年生でも続くので、苦手意識を持ちすぎず、楽しく覚えていくのがポイントです。
特にリズム感覚や姿勢は、改善していくのが大変な作業になります。
ダンスで表現することの楽しさを感じながら、体を動かし続けましょう。

声優になってもダンスは踊らなくていいと諦めてしまうのは簡単ですが、表現力を身につける為の一つの手段としてダンスを向き合い、チャレンジを続けていけば、2年生に上がる頃にはダンスの楽しさも感じることができます。
自分の新たな可能性を信じて、表現者としての土台を仲間と一緒に作っていきましょう。

プロの現場でこのように活きる!

ダンスの授業で正しいリズム感や姿勢をマスターすることが出来れば、声優としての活躍できる場所が増えます。
例えば、舞台やミュージカルでのダンス、声優アイドルなどです。
また、声優オーディションで自己アピールをする際にも、ダンスで表現することが出来るようになります。

声優は、声だけが良くてもなかなか仕事に繋がらないこともあります。
自分の声優としての価値を上げる為にも、ダンスの基本をおさえておくことは大切なことです。