大阪の声優専門学校

  1. トップページ
  2. 声優学科

「感情開放」とは

感情開放とは、自分自身を素直に表現し、喜怒哀楽を自由に表すことが出来るようにすることです。
演技の練習としては一般的で、声優の養成機関では授業として取り入れられているところが多いです。
声優として演技をするにあたって、自分の感情をさらけ出すことは必要不可欠なことであり、これが出来なくてはプロとしての声優の仕事は務まらないと言ってよいでしょう。
声優を目指すにあたっては、まずはこの「感情開放」をマスターしましょう。

AMG声優学科の「感情開放」の特長

その1:プロの声優に教えていただく

AMG声優学科の授業の特徴は、プロの声優が指導にあたります。感情開放の授業でも、実際に台本を使ったりしながら感情を解放できるように練習していきます。
感情開放は、声優を目指すにあたっては欠かせない基本スキル。そしてプロになる声優というのは特にそのようなスキルに長けた人たちです。AMGが講師として迎えるプロの声優の指導により、実際の現場の技術を伝授してもらうことができます。

その2:人前での発表

正しい発声のための体作り演技未経験の人や喜怒哀楽の表現の経験をない人は、演技で自分の感情を表現することに難しさを感じることでしょう。しかし演技の上では、人前で泣いたり笑ったりということを普通に出来なくていけません。この授業では大勢の前で発表するなどして慣れていくことが出来ます。
人前で発表をしたことのない人にとっては、授業とはいえ最初は演じることに難しさを感じるかもしれません。
しかしそれは周りも同じ。一緒に頑張る仲間がいるから、様々な感情を共有しながら楽しく感情開放のスキルを身につけることができます。

「感情開放」の授業の1コマ

AMGの「感情開放」の授業は、学んだ技術を実践してみたりなど、スキルを実際に自分の肌で確かめながら感情を開放する技術の習得を目指していきます。
実際に台本を使いながら大勢の仲間の前で発表することで、より本番に近い状況で感情開放のコツを習得できるため、実際に現場に出た時に確実に実力を発揮することができるでしょう。
他のクラスメイトの演技を見たり、自分の演技を見てもらったりする中では、自分に足りない部分が見えてくるはずです。みんなで一緒に学んでいくことで、視線に感情を開放することができます。

この講義のゴール

感情開放の授業は、その探求と自己の開放を目的としています。感情を開放することは演技の幅を広げたり、リアリティーを高めたりすることにつながります。
感情を開放することで、自分の演技において喜怒哀楽が明確になってくるでしょう。すると感情的な演技が瞬間的に出せるようになります。喜びの演技、怒りの演技、悲しみの演技、楽しい演技を瞬間的に出すことができれば、表現の幅が広がり表現の楽しさを覚えることができるはずです。

プロの現場でこのように活きる!

ここまでで述べてきた通り、感情開放の授業で得られるスキルは声優として仕事をする上で欠かせないスキルです。
プロの現場では様々な感情表現が求められます。そして声優が仕事を始めて最初につまずくのもこの感情表現なのです。学生の段階で感情開放のスキルを身につけておけば、プロの現場でも感情表現力を活かして即戦力として活躍できるかもしれません。
アニメーションの台本にあるセリフを読み取って演技として表現するというのは決して簡単なことではありませんが、授業で実際に台本を使って行うAMGの感情開放の授業はプロの現場できっと活きるはずです。