ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームプログラマー学科
  4. 株式会社ニューロン・エイジに内定した山本諒太くんロングインタビュー

GAME PROGRAMMER NEWS

2020年10月01日

株式会社ニューロン・エイジに内定した山本諒太くんロングインタビュー

株式会社ニューロン・エイジに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・山本諒太くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
内定を頂けた事は嬉しいと感じています。 ですが僕が将来業界でついていけるのか少し不安ではあります。

youta04
不安はあるけどコツコツ頑張っていきたいです

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
小学校の頃に、友人の間でゲームを作れるゲームが一時期流行って、その時に僕が作ったゲームが面白いと友人に言って貰えたのが嬉しくて、将来はゲームの作り手になりたいと思いました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
2年という短い間で、個人制作と共同制作合わせて4本ものゲームを制作でき、かつ現役で活躍しているプロの講師の先生方から教えて頂けると言う所が決め手でした。

youta02

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
ゲーム制作は小学生のお遊び程度で経験していましたが、プログラミングの経験は全くありませんでした。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
やはり共通の趣味を持っているので凄く仲がいいです。 授業では、長時間でも集中出来るように面白い話や、ためになる話をして頂けるので非常に楽しいです。

horinouchi04
同じ企業に内定を決めたクラスメイトがいるのは心強いです

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
1年生の1~2か月がとても印象に残っています。 初めて触るプログラムに四苦八苦していましたが、クラスメイトに協力してもらい、なんとか乗り切りました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
初めての共同制作ということでうまくいかなかったことが多かったですが、初めての「皆でゲームを作りきる」と言う所では非常にいい経験になりました。

youta01

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
学園祭では大勢の方々から好評を受け、とても嬉しかったです。 ビジネスデーでは非常に参考になる意見を沢山頂けたので、大きく成長出来たと思います。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
僕は技術や経験は他の学生よりも低いと感じていたので、とにかく早く、そして多くの企業様を調べ、沢山のエントリーシートを書いて出していたのが今でもはっきり覚えています。 その時に、履歴書や企業様に返信する時の文をキャリアセンターで添削して頂けたので、非常に助かりました。

youta03

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
僕はVTuberが好きなので、フェイストラッキングのアプリを個人で作成したり、特に好きなゲームを一人でコツコツ制作していきたいと思っています。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
悔いの残らないように一日一日を過ごしてください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

山本諒太くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。