ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームプログラマー学科
  4. 株式会社エイティングに内定した竹村くんロングインタビュー

GAME PROGRAMMER NEWS

2020年10月19日

株式会社エイティングに内定した竹村くんロングインタビュー

株式会社エイティングに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・竹村新哉くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
今のご時世ということもあり、今は安心してるというのが一番でかいです。 その反面、自分が上手くやって行けるのかという不安があります。

takemura03

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
小さい頃からものづくりが好きでした。高校生の時に入っていた映画研究部という部活では仲間と一緒に映画を制作しました。その時に何かを制作するということに強い喜びを感じ、将来はクリエイターになりたいと思いました。そこでもともとゲームも好きだったので、ゲームクリエイターになりたいと思うようになりました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
ゲーム制作出来る回数が他の専門学校よりも多かったからです。

takemura02

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
経験はありません。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
クラスは基本的には仲が良く、授業も分かりやすく面白い授業が多いです。

takemura05

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
五十嵐先生の授業は雑談も面白く、授業内容もタメになることばかりで印象深いです。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
初めての共同制作ということもあり情報共有が上手くいかず、作業が思い通りに進まなかったのが印象深いです。どういう風に進めて行けば良いのか分からず終始、頭を悩ませていました。

takemura01
プレゼンの機会が数多くありました

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
初めて自分が作ったゲームを遊んでもらえるという嬉しさと、変なところはないかという緊張がありました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
自分は面接が非常に苦手なので、面接ごとに先生が面接練習を実施してくださりとても助かりました。 先生方が常に就職活動をしてるか確認してくれる所も印象に残っています。

takemura04

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
着実に力を付けていき、将来的にはプログラマーからはもちろん他の人からも頼られるような存在になりたいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
この業界に入ると覚悟を持ったら、今のうちに色んなジャンルのゲーム、自分があまりやらないようなゲームをプレイしたら良いと思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

竹村くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。