ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲーム・アニメ3DCG学科
  4. 株式会社レベルファイブに内定した河村くんロングインタビュー

Osaka AMG NEWS

2021年07月09日

株式会社レベルファイブに内定した河村くんロングインタビュー

株式会社レベルファイブに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・河村 隼也くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
内定のお電話を頂いた時は嬉しかったですが、今は実感が無いというのが正直なところです。

kawamura001

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
もちろんゲームが好きというのはありました。これを言うと怒られるかもしれませんが、最初のきっかけは「なんとなく」です。でもそこから情熱を持って学び続ければ結果はついてきます。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
高校生の時、学校での説明会で勧誘を受けたからです。私は母子家庭なので、二年で業界を目指せるという部分はやはり魅力的に思えました。

kawamura002

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
ありません。パソコンを触るのは得意と自負していましたが、プログラムの経験も0からのスタートでした。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
クラスは皆が全員と仲が良いとは言い切れないですが、基本的には穏やかな雰囲気です。授業の進行スピードがとても速いので、ぼーっとしていると置いて行かれそうになりますが、講師の方々に丁寧に教えてもらえるのでそこの心配はありませんでした。自分が一年間頑張れたのはこれらの要因が大きいですね。

kawamura004

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
一年生の時に受けた笠木先生のC言語のポインタに関する授業が印象に残っています。直接ゲームに使うものではありませんが、こういう部分を疎かにしていては大成できないと考えていたので自分でも驚くほど真面目に取り組みました。今思えばこの時の努力が後々に活きているのではないかと感じます。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
正直言って夏期共同制作では失敗しかしませんでしたし、できたゲームも駄作だと思っています。ただ、この時の失敗が自分が内定を頂ける切っ掛けになった冬期共同制作での成功に繋がっていると考えているので無駄ではなかったはずです。

kawamura003
失敗から学んだことも多かった

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
自分の作ったゲームを人に遊んでもらうというのは新鮮で、どこかむず痒いような感覚でした。色々手厳しい意見も頂きましたが、そこで折れずに頑張る人が所謂、成功する人、になるのではないのでしょうか。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
自分の場合は4月上旬が就活のピークだったのですが、忙しい時は隔日ペースでキャリアセンターの先生と顔を合わせていたので、就活を支援する体制はかなり盤石だと思います。

kawamura005

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
初めての一人暮らしで、しかもかなりレベルの高い会社なのでとりあえず生き残ることを目標にしたいですね。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
ゲーム業界に行きたいという夢と情熱を持ち、一年間真面目に頑張れる人にとってこの学校は最良の選択肢になると思います。業界で会える日を心待ちにしています。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

河村くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。