アニメーション・アニメーターの専門学校

アニメ監督の仕事とは

アニメ監督の仕事とはアニメ監督といえば日本では有名な監督も多いですね。
素晴らしいアニメの世界に魅了され、「アニメ監督になりたい!」と考える方もいるでしょう。
アニメ監督の仕事にどんなものがあるのか、気になりますよね。

そこでここでは、アニメ監督の仕事内容について詳しく解説していきます。

アニメ監督とは

アニメ監督は、アニメ作品の作画やシナリオ、キャスティングにいたるまで全ての権限を持っています。
その為大きな役割としては、それぞれの役職につくスタッフに対しての指示を出し、まとめていく仕事になります。

しかし、ただ指示を出してまとめるだけが仕事ではありません。
アニメーターや演出家と打ち合わせ、キャラクターや背景に至るまでの骨組みから一緒に決めていきます。
更に、アニメ監督自身が脚本を書くこともありますし、優秀な制作スタッフを集める作業も行います。
ようするに、アニメ監督はアニメに関わる全ての作業を理解していなくてはならないということです。

また、アニメ作品が完成したらその作品を売り込むべく、取材を受けたり、時にテレビに出演したりなどの宣伝活動も行います。
話がうまくなくては「これからこのアニメ作品を見たい」と思ってくれる人も少なくなるでしょうし、表現力も必要になりますね。
アニメ監督は裏方部分も表に出る部分も、オールマイティーな仕事をしなくてはなりません。

アニメ監督に求められる能力とは?

アニメ監督に最も求めれるのは、「コミニュケーション能力」です。
アニメ制作に関わる全ての人たちと接する立場になるので、どんな人とでも円滑に仕事を進めなくてはならないからです。

人によって態度を変えてしまったり、苦手な人を避けていたりすれば、アニメ監督として仕事をする上で大きなマイナスになります。
もし、苦手な人ではあるものの、仕事が早かったり、絵が上手かったり、人をまとめる力があったりすればどうでしょうか。
キャスティングにも関わる立場で、「あの人は苦手だからとらない」なんてわがままを通すと、作業ペースに大きく関わることになってしまうでしょう。

更に、アニメ監督は制作スタッフとだけ良好な関係であっても務まりません。
同じアニメを作っているスタッフ同士であっても、作業の流れがうまくいかなかったりすれば、衝突が起こります。
そんな時でも、アニメ監督は上手く人を動かして、仕事を円滑に進められるように調整できるようにしなくてはならないからです。
そういう部分では、人に話を聞いてもらえるだけの人格者である必要もありますね。

アニメ監督のやりがいとは?

アニメ監督の一番のやりがいは、スタッフと作り上げた作品が完成し、作品を通じてメッセージを伝えられることです。

アニメ作品にはただ楽しいだけのものもありますが、生き方や人生観をテーマにしたメッセージ性の強い作品も数多く存在します。
そのようなメッセージを世界に向けて発信できるというのは、アニメ監督ならでは。
長い制作期間の経て、ようやく日の目を浴びた作品に対しての愛着もさることながら、達成感で苦労も吹き飛びます。

更に、中にはそのアニメ作品を見て「人生が変わりました」と感想をくれる人がくれたりすることもあります。
自分が作った作品のパワーを改めて感じる瞬間であり、誇らしい気持ちでいっぱいになりますね。

アニメ監督の仕事まとめ

アニメ監督の仕事は、スタッフのキャスティングから作画、脚本、音楽に至るまで、多岐に渡ります。
また、人をまとめられるだけの人格者である必要もあります。
しかし、その分作品を作り上げた時の喜びはひとしおです。

アニメ監督になる為にまずはアニメ制作の作業を理解し、コミュニケーション能力を高める為に様々な人と接していくことが大切だと言えるでしょう。