アニメーション・アニメーターの専門学校

プロデューサーの仕事とは?

プロデューサーの仕事とは?アニメ作品を作る上で、大きな責任を負うことになるのが「プロデューサー」です。

しかし、実際にはアニメのプロデューサーがどのような仕事をしているのか分からない、という方も多いでしょう。
テレビや雑誌、WEBなどの他業界でもプロデューサーと呼ばれる立場の役職がある為に、余計に分かりにくいですよね。
そこでアニメのプロデューサーの仕事について、ここで詳しく見ていきましょう。

プロデューサーとは

まず、アニメのプロデューサーは、大きく分けると二つに分かれます。
一つはアニメ制作側のプロデューサー、もう一つは作品を売り出し運用する為のプロデューサーです。

制作側のプロデューサーは「予算管理、スケジュール調整、スタッフ集め」等の全体をアニメ制作現場の全体を取り仕切る仕事であるのに対し、運用側のプロデューサーは完成したアニメをどのように商品として売り出すかを決めていく仕事になります。

プロデューサーになる為の道としては、主に「制作」→「制作進行」→「制作デスク」→「プロデューサー」という流れになります。
運用側のプロデューサーになりたい場合であっても、基本的には制作側からアニメ業界に入っていきます。
アニメ制作の知識があった方が良いということもありますが、実力を認められる為のコネクションを作る上でも大切です。

また、プロデューサーとひとくちで言っても、全てのプロデューサーが同じ仕事を行なっている訳ではありません。
1人で全ての仕事をこなすプロデューサーもいますが、何人かのプロデューサーで得意分野だけを担当して一つの作品を作ることもあります。

プロデューサーに求められる能力とは?

プロデューサーに求められるのは、「経験と人脈」です。

プロデューサーは、制作側であっても運用側であっても大きな責任を負う立場にあります。
重要な決断をする為にはそれなりの経験をしていなくてはならないですし、人脈がないと仕事を円滑に運ぶことも出来なくなってしまいます。

経験も人脈も、いきなり手に入るものではありません。
やはり、アニメの制作現場で実際に働き、制作としての経験を積みつつ、有能な人がいれば連絡先を交換するなどして人脈を作る、等の作業が必要となります。

普通の会社でも同じことが言えますが、新卒でいきなり部長になれることは基本的にありませんよね。
実際になれたとしても、すでに働いている他の社員からの批難で仕事が進まなくなる可能性が高いでしょう。
プロデューサーの仕事もそれと同じです。
プロデューサーになるまでにどれだけ「経験」を積み、「人脈」を作っていけるかが大切なんです。

プロデューサーのやりがいとは?

プロデューサーのやりがいは、良いアニメ作品を世の中に広める仕事が出来ることです。
これはアニメ制作側であっても、運用側であっても同じことが言えます。

例えば、有能なアニメ作品の作り手がどんなに集まっていても、その作り手をまとめて日程を組む立場の人や、その作品を商品として売り出す立場の人がいなくては、世に出ることはありません。
プロデューサーの仕事はそれくらい重要な役割を担っているんですね。

その重大な責任の中で、ようやく作品が完成した時の喜びや、ヒットした時の喜びは大きいものになります。

プロデューサーの仕事まとめ

プロデューサーの仕事は、ただ人をまとめて取り仕切ろうとするだけでは出来ません。
取り仕切る為に現場の経験を生かし、人脈を駆使して、仕事をこなしていく必要があるからです。
難しい仕事ではありますが、その分アニメ作品の素晴らしさを伝えることが出来た時の達成感を感じられる、素晴らしい仕事だと言えるのではないでしょうか。