株式会社ポチスタジオに内定した山中さんインタビュー|お知らせ

株式会社ポチスタジオに内定した山中さんインタビュー

株式会社ポチスタジオに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・山中  舞さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
とても安心しました。これで勉強と遊びに専念できて嬉しいです。

yamanaka001

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
ゲームで、友人と楽しく遊んだ記憶が今でも忘れられず、自分もたくさんの人に楽しんでもらいたいと思うようになりました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
チーム制作の経験と、現場で働いているプロの方々から直接アドバイスをもらえる点に魅力を感じたからです。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
創作が趣味だったので友達とグループを作ってキャラクターの設定を考えたりと言うのは良く行ったりはしていましたが、ゲーム制作の経験は全くありませんでした。

yamanaka004

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
自分の好きなものに夢中になったり、誰かと共有したりしている人が多いので、とても賑やかで自由な雰囲気だと思います。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
初めてC++言語で3Dを制作した時です。言語や計算が難しくなり、エラーもよく出ていました。ですが、少しずつ分かるようになってきてからは自分からいろんな技術に挑戦していくようになって楽しかったです。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
毎日が忙しくてとても大変でした。短い期間での制作だったので、期限に間に合うために家に帰ってもずっと作業をしていました。また、講師から指摘されて、反省した部分も多くありました。ゲームを作る大変さを思い知りましたが、その分、やりがいも感じた為、今では良い思い出となってます。

yamanaka005
パンフレット撮影にもクラスメイトと参加しました

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
どういう反応が返ってくるかわからないので、とても緊張しました。けれど、アドバイスを聞きたいという気持ちもありました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
対面での面接が一番印象に残ってます。いくつかの会社に訪問したことがあり、相手の表情やそれぞれの社内の雰囲気などがよく感じ取れるので今でもよく覚えています。また、迷子になって遅刻しないように必死に地図を確認したことや慣れない靴で頑張って歩いたこともあります。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
たくさんの人たちに喜んでもらえるようなゲームを作っていきたいので、今よりも技術を磨いて努力していきたいと思います。

yamanaka002

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
とにかくいろんな事に挑戦することが大事だと思っています。その経験が活かす時もあれば、アピールポイントとしてもいい武器になるので前向きに行動した方がいいと思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

山中さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパスも随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

他にこんな記事も読まれています

平日 学校見学・個別相談会

学び直し、キャリアチェンジの相談がしたい!
普段の学校の様子がみたい

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。