株式会社トーセに内定した成見さんインタビュー|お知らせ

株式会社トーセに内定した成見さんインタビュー

株式会社トーセに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・成見 優司さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
ホッと安心しました。就活を色々進めていても結果が残らないことばかりだったので内定の連絡が来た時は肩の荷が下りました。

narumi001

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
幼少期の頃からゲームをずっとしていてその頃からゲームを作ってみたいと思っていました。それで高校の時にVBAを触る機会がありプログラムに興味を持ちプログラマーを目指そうと軽い気持ちで決めました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
体験入学の時に先輩や講師の方たちの雰囲気がとてもよく話しやすい環境だったのが大きかったです。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
プログラムを書いて1から作るという経験は全くありませんでした。

narumi004

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
とても賑やかですね。友達同士わいわい話しながら制作をしていたり相談などとても仲が良い印象です。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
担任の吉田先生です。就活のサポートなど積極的に行ってくれましたし些細な相談などにも多く乗ってくれたので感謝しかないです。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
初めてのゲーム制作ということもあったので不安しかありませんでした。けどチームの人が優しく教えてくれたのでリラックスしながら出来ました。

narumi003

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
とても学生の作品とは思えないくらい出来がいいと言われました。正直プログラムのスキルなど自信が無いのでそう言ってくれるのはとても嬉しかったです。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
履歴書やエントリーシートの添削地獄ですね。やはり最初の頃は添削ばかり受けていてほとんどがダメというのが当たり前だったので大変でした(笑)

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
やはりデベロッパーで大企業というところがあるので周りの人に着いて行けるように日々努力していくのが第一ですね。

narumi002

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
正直かなり大変な道だと思うので気落ちなんてしてる暇とかないと思います。とにかく今自分が出来ることをやって悔いのないように頑張れば結果は必ず着いて来るので頑張ってください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

成見さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパスも随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。