株式会社ソードケインズスタジオに内定した白崎さんロングインタビュー|お知らせ

株式会社ソードケインズスタジオに内定した白崎さんロングインタビュー

株式会社ソードケインズスタジオに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・白崎 未来さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
これから、ゲーム開発に携われるのだと思うと、嬉しい気持ちでいっぱいです。早く仕事がしたいです。

shirasaki

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
ゲームが好きだったというのもありますが、ゲーム業界に決めたのは学校でのチーム制作が主なきっかけです。高校時代に映画のメイキング映像を見て3DCGという分野に興味を持ち、ただ漠然と「映像を作ってみたい」と思っていました。でも、入学後のゲーム制作で、自分の作品がゲーム内で動いているのを見た時にとても感動して、もっと作ってみたいと思うようになりました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
ゲーム開発をされている先生に直接技術を教わることができたり、在学中にゲーム制作をする機会があったり、実際の現場に近い指導が受けられると思い、入学を決意しました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
ありません。

スクリーンショット 2022-02-24 155137
白崎さんのモーションデザイナー・デモリール

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
関西の人が多いからか分かりませんが、私はとてもにぎやかな雰囲気だと感じました。学生に限らず、先生もゲーム好きな方が多く、話が盛り上がることが多いです。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
私が一番印象に残っているのはデッサンの講義です。入学するまでデッサンを教わったことがなく、初めはとても不安でしたが、先生の指導のおかげもあって、今では自分でも目に見えて分かるほど上達したと感じています。ゲームに直接関わる講義ではありませんが、「レイアウトを考える」工程なんかは特に今後のゲーム開発に活きると思います。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
コロナ禍ということもあって入学してからの講義が通常よりも少なく、最初は技術面での不安が大きかったです。PCを使い始めで慣れない作業が多かったため、クオリティにこだわるというよりはとりあえず形にすることを目標にしていました。最終的に細かい調整など繰り返して、当時にしては良いゲームができたと思います。終始チームの雰囲気も良く、楽しんで制作できました。

shirasaki002

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。
第三者にプレイしてもらうのは、チーム内でテストプレイするのと訳が違うので、どんな反応や感想がもらえるのか気になりとても緊張しました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
コロナの影響でどの会社も選考がオンラインだったのですが、一社だけ実際に本社まで足を運び、選考を受けに行ったことです。直接社員の方と会ってお話することで、社風や作業環境をより詳しく知ることができたと思います。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
まず仕事に慣れることと、体を壊さぬよう、健康を第一に頑張ります。

tennnouji
動物園デッサンはいい思い出です

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
私もよく言われていたのですが、「楽しい!」とか「好き!」というポジティブな気持ちとこだわりを持って、一緒にがんばりましょう。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

白崎さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。