株式会社サイバーコネクトツーに内定した上野さんインタビュー|お知らせ

株式会社サイバーコネクトツーに内定した上野さんインタビュー


『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』や『戦場のフーガ』、『ドラゴンボール Z KAKAROT』など、数々の有名タイトルの開発を手掛ける株式会社サイバーコネクトツーに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームクリエイター学科・上野さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

最終面接中に内定を言い渡されたので、面接が終わった後も終始心臓バクバクでした。しかし、入社までに身に着けておくべきことはまだまだあるので、今後も気を引き締めていかなければな、といった心境です。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

きっかけの1つは「DEATH STRANDING」を遊んだことです。まるで映画をプレイしているような感覚はそれまでになかったですし、どんどん物語に吸い込まれていくような高い没入感も感じられました。これをきっかけに「こんな臨場感の高いゲームを創りたい!」と考えるようになりました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

やはり2度のチームでのゲーム制作の経験が大きいですね。実際、独学では絶対に身につかない、様々な経験を積むことができました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

ありません。入学時はまだまだゲームを遊ぶ側の感覚でした。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

全員ゲームが好きなので、会話はいつも盛り上がりますね。ゲーム以外のエンタメの話もしますし、友達を誘ってランチに行くことは度々あります。
授業は自分の意見を発表しやすい雰囲気ですね。どの講師の方も質問したことに対して真摯に答えてくださいますし、アドバイスもゲーム業界で役に立つようなことばかりで、非常に為になります。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

どの授業も為になりますが、特に小笠原講師の授業はプランナーとして必要なものばかりで、企画や仕様の相談にも真摯に乗ってくださいました。何度も相談しに行っていたので、印象に残っています。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

一気にゲームを「遊ぶ側」から「創る側」に意識が変わった瞬間でした。ゲームを遊んでいるときは無意識だった部分の設定や、実際に作ってみてわかるシステムの矛盾点、一見ゲーム制作に関係ないような各メンバーのスケジュール管理など、初めての制作で様々な壁が立ちふさがりました。
しかし、チームメンバーに恵まれたこともあり、完成度の高いゲームを作り上げることができました。この経験は自分を大きく成長させてくれたと思います。

声優学科さんとの音声収録

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

夏にチームで制作した2Dアクションパズルゲームを外部の人に遊んでもらったとき、「難しい~!」「こう行けばいいんじゃない?」というような、リアルな声を聴くことができたので、純粋にうれしかったです。また、あまりゲームの知識がない人には優しくないゲームデザインだったり、操作方法に慣れが必要だったりと、今後のゲーム制作で意識する点も生まれたため、非常に良い機会でした。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

履歴書やエントリーシートはもちろん、今まで作ってきた企画書やポートフォリオ、ゲーム作品なども就活作品になります。講師の方々には書類のレイアウトや内容添削、キャリアセンターの方々には何度も面接練習に付き合って頂きました。教職員皆様のおかげで内定を勝ち取れたといっても過言ではありません。本当に感謝しています。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

「世界中の人々が熱狂するゲームを創る」という目標を達成するためには、圧倒的に経験が足りていないと考えています。個人でのゲーム制作やゲーム研究など、今後も目標に向かって一意専心する所存です。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

自分の作ったゲームを遊んでもらえる喜びはこの業界でしか味わえない体験です。大事なのは本当にゲームを「やりたい」のではなく「創りたい」のか。その「情熱」さえあれば他に資格は要りません。皆さんとゲーム業界で会える日を楽しみにしています!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

上野さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。