株式会社天雲 に内定した木村さんインタビュー|お知らせ

株式会社天雲 に内定した木村さんインタビュー

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』や『ソロモンプログラム』など、数々の有名タイトルに開発協力をしている株式会社天雲に、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・木村さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

就活を始めるのが遅かったのでなかなか内定が取れず焦っていたのですが、今はとても安心しています。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

小さいころからゲームが好きで、ゲームに関連した仕事に就きたいと思っていました。また、授業などでパソコンを使う機会が徐々に増え、使うことが楽しかったので、パソコンを使う仕事にも就きたいと思っていました。そこで高校生の時に将来なにを仕事にしたいかいろいろ探した結果、ゲームプログラマーという職業を見つけました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

講師の方が実際にゲームプログラマーとして仕事をされているところです。しっかり技術を学ぶことができると思い決めました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

ありません。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

みんな楽しく勉強しています。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

五十嵐先生の授業が印象に残っています。アクションゲームを実際に作るという授業だったので参考になりました。授業のペースも自分に合っていたので学びやすかったです。
そのほかにも授業の始まりや途中で先生が雑談をよくしていたので、楽しく授業を受けることができました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

まだC言語を学び始めた時期に、初めてチームを組みゲームを作るということだったので不安でした。しかし、チームメンバーとは仲良く作業をすることができ、とても楽しかった記憶があります。
作業するとき必ずみんなで集まり、仕様を確認しつつ作っていました。また自分たちで用意しなければならない素材を画像を拾って編集していたのですが、その時もみんなでどんな画像がいいか冗談をいいつつ、話し合いながら探して楽しかったです。
完成したゲームは作り始める前に想像していたより、いいゲームになっていてうれしかったです。とてもいい経験になりました。

クラスメイトといっしょに内定をいただけました

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

バグが起きないか、おかしなところはないかなど、とても緊張していましたが、アドバイスを聞くことが大事だと思いながら乗り越えました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

就活をしていると、自分の長所や得意なことなどを探さなければいけない部分が難しかったです。自分でも気づかなかったことがあったり、なかなか見つからずに悩んでいたことが印象に残っています。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

一人前のプログラマーになるために技術をしっかり身につけてがんばりたいと思います。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

あきらめずに自信をつけて、就活がんばってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

木村さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。