株式会社サイバードに内定した福井さんインタビュー|お知らせ

株式会社サイバードに内定した福井さんインタビュー

大人気恋愛ゲームブランド「イケメンシリーズ」の開発や「名探偵コナン公式アプリ」の運営など、幅広いプラットフォームでのサービス展開を行う株式会社サイバードに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるキャラクターデザイン学科・福井さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定おめでとうございます!では、内定の知らせを聞いたときの気持ちを聞かせてください。

ありがとうございます。最終面接で代表の方から直接結果を伝えられたのですが、とにかくうれしかったです。絵やゲームに携わるお仕事ができることがとても誇らしく楽しみです。

Q2.大阪アミューズメントメディア専門学校で、就職に役立った講義や先生、サポート 制度はなんですか?

技術面での指導はもちろんですが、流行や企業・業界を研究するビジネスの講義です。面接でもそういった質問をたくさんされましたし、講師の方の何気ない雑談もプロが日常から何を感じているか知れる機会なのでとてもタメになったと感じています。

Q3.就職活動、指導での思い出のエピソードを教えてください。

キャリアセンターの先生との面接練習です。やりたいことはなにか、三年後どうなっていたいか、先生との対話のおかげでなんとなく考えていたことがはっきりとした目標に変わったので自信を持って面接に挑むことが出来ました。

Q4.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

穏やかな人が多いですが、皆個性豊かなのでイラスト課題やグループワークが楽しいです。人それぞれ着眼点が違うのでとても勉強になります。

Q5.大阪アミューズメントメディア専門学校へ入学してよかったと思うことがあれば教 えてください。

同じ志を持った友人たちやクラスメイトと出会えたことです。
入学するまで業界の知識も無く絵を描く友人もいなかったので、競争相手であり尊敬すべき存在が身近にいることが一番うれしくて入学してよかったと思っています。

Q6.展示会など発表会での思い出はありますか?

展示会などで直接感想を頂けたときは本当にうれしかったしモチベーションになりました。後日感想がまとめられた用紙を先生から頂いたのですが帰りの電車でずっと読み返していました。

Q7.就職活動でくじけそうな時は、あったでしょうか?どんな時ですか?どう乗り越えましたか?

就職活動初期は書類で落とされることが多かったので気分が落ち込む時もありました。おいしいものを食べたり友達と遊んだり、一旦ストレスの原因から逃げ出して気分をリセットして乗り越えました。

Q8.これから、どんなクリエイターになっていきたいでしょうか。

制作から逃げ出したくなることもありますが、やっぱり絵を描くこととデザインが大好きだと再確認したので、この気持ちを忘れずに、目的志向と向上心を絶やさず努力を積み重ねられるクリエイターになりたいです。

Q9.後輩や、これから同じ業界を目指す人にメッセージやアドバイスがあれば、お願い します!

私が夢をつかむことが出来たのは、私だけの努力ではなく、友人たちや先生方のサポートがあっての結果だと思います。行き詰ったとき、辛いとき、自分一人ではどうにもならないとき、そんなときぐらいは優しさに甘えて周りの大人や友人にサポートしてもらいましょう!人に頼ることもまた強さ!一緒に頑張りましょうね!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

福井さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。