株式会社ジーンに内定した満仲さんインタビュー|お知らせ

株式会社ジーンに内定した満仲さんインタビュー


株式会社ジーンに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!

内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・満仲さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

夢であったゲーム業界に携われることが嬉しいです。ただ就職後ついていけるか不安なので、引き続き努力をしていこうと思います。

Q2.CGクリエイターでゲーム業界やアニメ業界、CG映像業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

高専で工業分野を学んでいて、そこで3DCGのソフトを学習していました。私はもともとものづくりやゲームが好きで、3DCGのことを学習するにつれて、ゲームや映像にも使用されているCGの技術でものづくりがしてみたい携わりたいと思い、専門学校に進学しました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

専門学校のオープンキャンパスにいくつか行った際に、一番ゲーム業界を身近に感じられたためです。幅広い職種の授業とゲーム業界への就職率がとても高かったので入学を決めました。

Q4.入学前に3DCGなどを勉強はしていましたか?

入学を決めた後は、無料で制作できるblenderなどのソフトなどで勉強していました。

Q5.ゲーム・アニメ3DCG学科での授業や教室内の雰囲気はどうですか?

授業では、3Dのキャラクターを作ったり動かしたりだけではなく、2Dのことも学べるのでどちらもやりたい人にはとてもいいと思います。
ゲームや制作が好きなもの同士が集まっているので話題や制作での意見交換を行っていて、話しやすく雰囲気はとてもいいと思います。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

3DCG基礎と応用の講義が印象に残っています。3DCG全般のことを教えてくれるので、制作の部分でとても役に立つことが多かったです。
印象に残っているのはCGアニメーションを教えてくれる里村先生です。講義がわかりやすくて面白い先生です。

Q7.大阪AMGゲーム・アニメ3DCG学科に入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

1年生の夏に行うので技術面でもなかなか大変でしたが、とてもやりがいがあったし成長もできたなと感じました。

満仲さんの作品

Q8.秋季制作発表会や春季制作発表会等で自分の作品をゲームやアニメ、CG映像業界の方に直接、観てもらった時の感想を教えてください。

業界の方に見てもらっているので、自分が全く考えもしなかったアイディアをどんどん出していただいたり、修正箇所など事細かく教えていただけるのでとても勉強になりました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

履歴書や面接がとても苦手で、就職活動が始まるとあまり制作の時間が取れなかったことです。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

まだまだ実力不足なので技術の底上げはもちろんのこと、また自分の職種以外のことも勉強して応用力もつけていきたいと思います。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

想像力が必要になってくるので入学前にたくさんゲームや映画を見て引き出しを増やしておくことが大事だと思います。それが引き出しになり制作の役に立つので、業界を目指すならたくさんのことに興味を持ってもらえたらと思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

満仲さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

オーキャン交通費サポート!

学校公式LINEをお友だち登録した全員
交通費サポートカードがもらえる♪

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。