株式会社ビー・トライブに内定した山本さんインタビュー|お知らせ

株式会社ビー・トライブに内定した山本さんインタビュー


ゲーム制作を行っている株式会社ビー・トライブに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!

内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・山本さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

いまだに信じられないです。

Q2.CGクリエイターでゲーム業界やアニメ業界、CG映像業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

元々絵を描くことが好きでしたが、私には仕事にはできないと考えていたとき、高校の授業でCGソフトを触る機会があって、イラストは描かなくてもCG業界でゲームをつくることに携われたらかっこいいんじゃないか?と考えたからです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

イラストを描くことも、CGの勉強もしながらUIデザイン、デッサン力も養うことが出来るところに魅力を感じて決めました。

山本さんの作品

Q4.入学前に3DCGなどを勉強はしていましたか?

高校の時に授業で少ししていました。

Q5.ゲーム・アニメ3DCG学科での授業や教室内の雰囲気はどうですか?

近年まれにみる騒がしいクラスだって聞いたことがありますが、その通りかなと思います。 KPOPから、アニメ、アイドルまでいろんなジャンルが好きな人が多くて楽しいです。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

モーションの里村先生とデッサンの吉岡先生です。 すがりつくように質問しました。とにかくめちゃくちゃ感謝しています。

Q7.大阪AMGゲーム・アニメ3DCG学科に入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

進むにつれてどんどん沼にはまっていくようになり、最終的には底なし沼にはまった状態でしたが、チューターさんや周りの人の助けがあってなんとか作品を完成させました。

*共同制作とは―― ゲームクリエイター学科、ゲームプログラマー学科、ゲーム・アニメ3DCG学科が合同でチームを組み、ゲーム制作をおこなうAMGならではのカリキュラム

山本さんの夏期共同制作作品

Q8.秋季制作発表会や春季制作発表会等で自分の作品をゲームやアニメ、CG映像業界の方に直接、観てもらった時の感想を教えてください。

今まで多くのゲームの動きを見てこられた方々なので、細かいところから演出方法までしっかりアドバイスをいただきました。自分の未熟なところを見つけられて、とても感謝しています。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

内定がもらえるまで、毎日モーションを見て、作って、アドバイスをいただいて、をずっと繰り返していました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

これからも努力を怠ることなく、日々進化するCG業界に追いつきたいです。

山本さんの作品

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

趣味を仕事にすることは難しいとよく聞きますが、この学校には趣味や好きなことを仕事にしようと入学してくる人が多いと感じています。実際に私も趣味を仕事にしたくて入学しました。
最終的には自分の努力次第で結果は出ます。二年の間に辛いことやしんどいことは山ほどあると思いますが、やる前に諦めることはもったいないと思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

山本さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。