12名が念願の書籍デビュー!!|ブログ

ノベルス文芸

2021.08.19

12名が念願の書籍デビュー!!

今回は、夏を彩る吉報をご紹介させていただきます☆彡
7月1日に発売されました『続・意味がわかると鳥肌が立つ話』(学研プラス)に、ノベルス文芸学科生たちの作品が採用・掲載されました!


詳細はこちら → https://gakken-mall.jp/ec/plus/pro/disp/1/1020541400

掲載本数は、実に25本。
計15名(3期生5名・4期生10名)の作品が収録されております。
そのうち3人は、5万部以上を売り上げた前巻に続いての作品採用。
そして12人は――本書にて念願の商業書籍デビューとなりました!
おめでとうございま~すッ\(^o^)/☆ワー!!

本の内容は、ちょっと怖くてあっと驚く、ショートショート集となっております。
いろんなお話が盛りだくさんで、長さは1作品につき2ページ!
本を読み慣れていない方でも、まとまった時間が取れない方でも、気軽に楽しむことができます。
果たしてあなたは1ページ目の本編を読んで、真相に気がつくことができるでしょうか?
ページをめくった先には、予想もつかなかった恐怖が待ち受けているかもしませんよ。

というわけで、おでかけできない真夏日には、この本で「読書の秋」ならぬ「読書の夏」としゃれこんでみてはいかがでしょう?
ひやりと鳥肌が立つような納涼体験が、きっとあなたを待っています!

taiken

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。