ゲームプログラマー学科

  1. トップページ
  2. ゲームプログラマー学科
  3. ゲームプログラマーの仕事とは?

ゲームプログラマーの仕事とは?

ゲームプログラマーの仕事とは? 自分でゲームを作りたい、という気持ちがある方がまず思い浮かぶのが、ゲームプログラマーなのではないでしょうか。
最近はVRなども登場しており、ますますゲーム業界に注目が集まっていますね。

けれども、ゲームプログラマーはただゲームのプログラミングを淡々とするだけではありません。
もちろん、プログラミングが必須の仕事ではありますが、それ以外にも把握しておかなくてはならないことがあるんです。

そこでここでは、ゲームプログラマーの仕事について求められる能力や、やりがいなどについて詳しく解説していきましょう。 是非、参考にしてみてください。

ゲームプログラマーとは

ゲームプログラマーとは、ゲームが企画された仕様書通りに動かせるようにプログラミングする仕事のことです。

ゲームプログラマーだけでいきなり仕事が始まるのではなく、まずはゲーム制作の企画をプロデューサーや、ディレクター、プランナー達が考えます。
その後、ゲームの内容が決まったところで、ゲームプログラマーが開発作業に入っていきます。

企画書通りに動かす為には、他のメンバーが担当しているBGMやグラフィック、UI(ユーザーインターフェイス)などの一つずつの素材を組み込んでプログラミングしていかなくてはならないので、開発メンバー達とのチームワークが求められます。

ゲームプログラマーに求められる能力とは?

ゲームプログラマーになるには、「プログラミング能力」が一番に求められます。
これは想像している通りかと思いますが、実は自分が携わるゲームのジャンルによって学ぶべきプログラミング言語が異なります。

最近のゲーム業界の傾向では、コンシューマーと言われる家庭用ゲームソフトやPCゲームの開発の場合にはC++、スマートフォンゲームなどのいわゆるソーシャルゲームの開発場合には主にC#が使われています。

さらにゲームプログラマーは、そもそも「この仕様のプログラミングは実現可能なのか」を判断する必要もあります。
時には開発メンバーから、無茶な要望を出されてしまう可能性があるからです。
実現可能なのかどうかの判断は、使う言語の知識が十分にないと出来ません。

開発メンバーの中で、誰よりもプログラミング言語に詳しくなれるように、常に勉強が必要です。

ゲームプログラマーのやりがいとは?

ゲームプログラマーのやりがいは、自分がプログラミングしたゲームでユーザーが喜んでくれることです。

特に、大規模な企画のゲームの場合には、企画段階からゲームプログラマーが参加して意見を言うこともありますし、プログラミング自体にも膨大な時間がかかります。
その分、関わったゲームに対しての愛着が生まれます。
そんな愛着のあるゲームが発売、もしくは配信され、多くの人々が夢中になって楽しんでくれているのを見れば、「この仕事をしていて良かった」と思えるようになるんですね。

ゲームプログラマーは大変な仕事ではありますが、その分充実感が大きい職業であると言えます。

ゲームプログラマーの仕事まとめ

ゲームプログラマーの仕事について解説してきました。
ただゲームのプログラミングをするだけではなく、実現可能かどうかも判断出来るだけの知識が必要でしたね。

ゲームを自分で1から作る楽しさを味わえるのは、ゲームプログラマーの仕事の醍醐味です。
ゲームプログラマーを目指している方は、最初からゲームを作ろうと焦ったりせず、まずは開発したいゲームジャンルのプログラミング言語を勉強することから始めてみてくださいね。