大阪の声優専門学校

  1. トップページ
  2. 声優学科

声優の仕事とは?

声優の仕事とは?近年、日本のさまざまなメディアでその存在感を増しているのが、声優という人たちです。
しかし声優にはそれ以外にもあらゆる仕事があり、多く声優がさまざまなフィールドで活躍しています。
ここではそんな声優の仕事について、詳しく見ていきましょう。

声優とは?

声優とは、大まかに言うと「声を使って命を吹き込む仕事」になります。アニメやゲームのキャラクターの声はもちろん、外国映画の日本語吹き替えやテレビ番組のナレーション、ラジオのパーソナリティーなど、その活躍の場は多岐に渡ります。
また、近年声優の仕事や存在が注目されている大きな理由として、声優自体のメディア露出が増えていると言うことが挙げられます。日本のアニメ文化の興隆とともに声優の人気も高まり、声優が表舞台に立つという機会が増えているのです。例えば舞台やミュージカルに出演したり、歌手として活動したりなどその活躍の幅は非常に多いのが現状です。
とはいえ、声優の仕事の主なるものはアフレコです。そのため基本的に、仕事といえば録音スタジオでのアフレコになります。これは画面のキャラクターの動きに合わせて声を吹き込む作業で、口の動きに合わせて正確なタイミングで吹き込んでいく必要があります。

声優に求められる能力とは?

声優は比較的特殊な職業であり、仕事をする上で求められる能力にもさまざまなものがあります。
中でもまず基本として必要になるのが、演技力です。声優は声での演技が仕事であるため、演技力はその力量が測られることの多い一つの指針になります。
声だけでの演技というと表情や身体の動きは必要なく、舞台や映像などでの演技に比べて一見簡単そうに感じるという方もいるかもしれません。しかし見方を変えると声だけで全てを伝え切らなければならないということであり、より高度な技術が求められると考えることもできるのです。
そのため、思いや感情を全て声に乗せることができるような演技力が求められます。

そのほか、コミュニケーション能力も声優に求められる資質の一つです。 声優の仕事は何らかの作品作りの一環であることが多いですが、それらの作品はもちろん声優の仕事だけで完成させることのできるものではありません。周りのあらゆる職種の人たちと協力してようやく作り上げることができるため、仕事をする上ではコミュニケーション能力が必須となります。
監督やスタッフの方々とのコミュニケーションもそうですが、共演者とのコミュニケーションは特に重要です。作品をより良いものにするためには、出演者の声優同士の息が合っていることがとても大切です。特に登場人物同士の掛け合いの多い作品などでは、声優同士のコミュニケーションが非常に活きてきます。
作品のクオリティーや現場の円滑な進行のために、コミュニケーション能力はとても大事な資質と言えます。

声優のやりがいとは?

多くの声優が、自分の仕事に対して大きなやりがいを感じています。
まずは、さまざまなキャラクターを演じることができるということ。声優はさまざまな登場人物の声を演じる仕事です。これはアニメに限らずゲームや外国映画の吹き替えなどでも同じです。 自分とは違うあらゆる役を演じることを楽しいと感じる声優の方は多いです。また、さまざまな役を経験することでたくさんの人生や人間性に触れることができ、自身の人間としての成長にも繋がるかもしれません。

また、自分の演技が認められたり、自分が出演した作品がヒットしたりした際には、とても大きなやりがいを感じることができるでしょう。声の演技だけで評価される声優の仕事は非常に難しく、だからこそ自分の演技を褒めてもらえたり、世間から評価された際にはこの上ない喜びを感じるでしょう。
また近年、声優人気の高さもあり、より多くの人にその名を知られる声優も増えてきました。声優としての仕事が認められ、本来のフィールドとは違う舞台活動や歌手活動に進出すれば、一般的な認知度も高まり人気を実感することができます。
芸能の仕事であるということも考えると、認知度や人気の高さは一つのモチベーションになってきます。

声優の仕事まとめ

声優は近年、世間でその存在感を増し、一般的な認知度や人気が高まっている仕事です。
アニメやゲームなどのキャラクターに声を吹き込むのが本来の仕事ですが、それ以外にも外国映画の吹き替えやナレーション、ラジオパーソナリティー、また俳優や歌手としての活動も増えています。
プロの声優として仕事をこなす能力があれば様々な分野で働くことができるため、在学中はまず基礎からしっかりと身につけておくことが将来的にも非常に重要になります。