GAME ANIME 3DCG
ゲーム・アニメ3DCG学科

  1. トップページ
  2. ゲーム・アニメ3DCG学科
  3. VFXデザイナーの仕事とは?

VFXデザイナーの仕事とは?

VFXデザイナーの仕事とは? 魅力あるゲームが多く生み出されていますが、その中でも作品のクオリティーと魅力をより引き出しているものとして挙げられるのが特殊効果(以下エフェクト)です。
エフェクトには爆発などを描くための炎や煙、さらには敵に立ち向かうための必殺技や魔法などさまざまなものがあり、多くの視覚的な効果を制作していくのがVFXデザイナーです。

しかし、いざVFXデザイナーを目指してみようと考えたとき実際どんな仕事をしているのかが見えてこないとどうしたら悩んでしまうという人もいると思います。
ここではVFXデザイナーという職業について、いろいろな視点で見ていきたいと思います。

VFXデザイナーとは

VFXデザイナーは正式名称をVisual Effectsデザイナーといい、名前の通りゲームなど自身の関わる作品に多くの視覚効果を与えるものです。
主な勤務先としてはゲーム制作会社や映像制作関連の会社などがあり、もしくはある程度スキルと経験を身につけた段階で、組織に属さずフリーランス(業務受託)という形で勤務するデザイナーもおり、さまざまな形で働くことができます。
VFXデザイナーの仕事内容としては、ゲームや映像ごとに合うエフェクトを作成して行くことが挙げられます。
いずれも制作していく上であとからエフェクトをつけていくことが多いことから、VFXデザイナーの出番のタイミングはさまざまです。
なので、VFXデザイナーは制作途中のゲームや映像などを派手に面白くしていくための効果を作成していくという大きな役割を果たす立場と言えます。

VFXデザイナーに求められる能力とは?

VFXデザイナーは現場において「映像ソフトAfter EffectsやMayaや3dsMAXといった3Dソフトを取り扱えることとUnrealEngineやUnityなどのゲームエンジンの知識と使い方」、「ゲームや映像をより面白く迫力あるモノにするための演出効果を考えられる発想力」を求められる傾向です。
「映像ソフトAfter EffectsやMayaや3dsMAXといった3Dソフトを取り扱えることとUnrealEngineやUnityなどのゲームエンジンの知識と使い方」に関しては、今日多くのゲームや映像などの作品がありますが、ゲームで必要なのはMayaや3dsMAXといった3Dソフト、映像などの作品ではAfter Effectsという具合にエフェクトをつける媒体によってソフトを使い分けることが必要です。
また、昨今、ゲームエンジンのUnrealEngineやUnityなどを使って作成することもあります。

そのため、ゲームや映像どちらにも対応できるようになるために映像ソフトAfter Effects をはじめPhotoshopなどの2Dソフト、MAYA、3dsMAXといった3Dソフトを取り扱えることが求められ、昨今では、UnrealEngineやUnityといったゲームエンジンで、さらに効率よくエフェクトを作成できることが知識が必要となります。

さらに、「ゲームや映像をより面白くするための演出効果を考えられる発想力」に関しては、魔法などユーザーや視聴者が今まで見たことがない効果を考え、ゲームや映像の演出を理解し作成することが欠かせないのが理由として挙げられます。

そのため、日々ユーザーや視聴者がどのようなエフェクトで喜んでくれるのかを考えながら、より魅力的なエフェクトを作成していくことが必要とされています。
なので、VFXデザイナーは多くのユーザーに判り易くなおかつ派手で、効果的なエフェクトを効率よく作成していくことが求められていると頭の片隅に入れておきましょう。

VFXデザイナーのやりがいとは?

現役のVFXデザイナーが仕事をしていてやりがいがあると感じるときは、自分が関わった作品のエフェクトでユーザーがびっくりしたり、喜んだり、楽しんだりする姿を見たときです。
ここまでお話ししてきたように、VFXデザイナーはより良い作品に仕上げていくために、多くの苦労を重ねながらエフェクトを考え、制作していきます。

そのため、自分が狙った通りのエフェクトを制作でき、さらにその作品を見て大きな反響が返ってきたときにやりがいを見出すということが多くある傾向です。
なので、ゲームなどの作品の魅力をより高めるために視覚的な効果を制作していくVFXデザイナーはとてもやりがいのある仕事といえます。

VFXデザイナーの仕事まとめ

今回はゲームや映像などの作品を視覚的な要素からプラスしていくVFXデザイナーについてご紹介しました。
ゲームなどの作品で実際に起きているように視覚的に効果をつけるという仕事を担うVFXデザイナーは何が求められているのか、そしてやりがいはなんなのかが見えてきたと思います。

そして、これからゲームや映像のほかにも多くの可能性を秘めているVFXデザイナーを目指すためにも、今すぐできる勉強をしておくことがとても大切です。
これから先々目指していけるようになるためにも、日々多くの作品を楽しみながらどんな視覚的な効果があるのか、さらにはいずれをするためにはどんなソフトを使ってどうエフェクトを作成しているのか、研究していくといったことをしてみてはいかがでしょうか。