動画・配信クリエイター学科

動画編集者の仕事とは?

動画編集者の仕事とは?

 
quotation

動画編集者とは?

動画編集者は、撮影した映像を繋ぎ合わせたり、加工したりして編集し、テレビCMやYouTubeに掲載されるプロモーションビデオ、InstagramやFacebookに掲載される広告動画などの映像作品へと仕上げる仕事です。

映像編集者や映像エディターと呼ばれることもあります。

 

動画編集者の仕事は、用意された映像を決められた通りに編集するだけではありません。どのような動画を作るのかを考え、計画を立てる「企画」の部分から担当します。

 

動画編集の依頼者であるクライアントがいる場合は、クライアントのニーズや悩みをヒアリングして、アイディアを出していきます。

 
quotation

動画編集者に求められる能力とは?

動画編集者に求められるのは、自分の感性を生かして作品を作る能力です。
動画編集の仕事では、映像やBGM、テロップなどの素材を組み合わせて、1つの映像作品の完成を目指します。

 

このため、映像だけではなく、音楽やアートなど、様々な分野に興味を持ち、自分の感性として昇華できる方ならば、動画編集の仕事を苦に感じることはないでしょう。
また、細かな作業が好きな方にも向いています。

 

動画編集の仕事は、0.1秒のずれを調整するような緻密な作業が多いです。こうした細かな作業が得意な方なら、その能力を発揮できます。
もちろん、動画編集の知識やスキルを習得していること、Adobe Premiere Proをはじめとした動画編集ソフトを使いこなせることなども欠かせません。

 

大阪アミューズメントメディア専門学校(AMG)動画・配信クリエイター学科は、プロ仕様の充実した環境で、動画編集の知識、スキル、ノウハウを身につけることができます。

 

動画編集のスキルは、映像制作企業はもちろん、アニメーション業界、ゲーム 業界、遊技機業界、音楽業界などでも活かすことが可能。様々な業界で、動画編集者として活躍するチャンスを得られます。

 
quotation

動画編集者のやりがいとは?

動画編集者は、映像を繋ぎ合わせる作業はもちろん、BGMやテロップを挿入する、見やすいように色味を調整する、盛り上がるようにエフェクトを挿入するなどの作業も行います。

このため、仕事をするにあたって、動画編集だけではなく加工のスキルが必要ですし、ある程度センスもなければなりません。

しかし、一人前の動画編集者になれば、自分のセンスを生かした映像作品作りができるようになるので、とてもクリエィティブな仕事でもあります。

 

元々ものづくりが好きな方なら、そうしたクリエイティブな仕事を楽しいと思うことでしょう。

そして、映像作品が完成した暁には大きな達成感を得られるので、やりがいを感じるはずです。

 

また、編集した映像作品のクレジットに自分の名前が表示されることや、自分が編集した映像作品がクライアントや多くの視聴者から好評だった時もやりがいに繋がります。

 
quotation

動画編集者の仕事まとめ

動画編集者は、クリエイティブな仕事の1つです。

 

その中でも動画作りではなく、“編集”や“加工”に重点を置いた仕事なので、「どれだけ元動画の魅力を高められるか?」「素材の良さを活かせるか?」は、動画編集者によるところが大きいと言えるでしょう。

 

動画をより良い作品へと編集・加工する仕事がしたい方に、動画編集者は向いています。興味がある方は、今からでも動画編集・加工の勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

 

AMGの動画・配信クリエイター学科なら、映像業界に就職する上で欠かせない専門用語などの基礎知識や、Adobe Premiere Proをはじめとした編集ソフトを使いこなす技術の習得が可能です。プロの動画編集者(映像編集者/映像エディター)を目指すことができます。

 

基礎だけではなく、応用的な知識や技術を学べる講義もあり、動画編集者として、第一線で活躍できる人材へと成長することも夢ではありません。

 

動画編集者、映像編集者、映像エディターを目指している方は、ぜひAMGの動画・配信クリエイター学科へ、進学を検討してみてください。

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。