動画・配信クリエイター学科

配信業界の動画配信スタッフの仕事とは?

配信業界の動画配信スタッフの仕事とは?

信業界とは、プラットフォームを通じて動画配信やライブ配信を行う業界です。そして、そんな配信業界に携わる人材が「動画配信スタッフ」です。

動画配信スタッフには、様々な職種があります。

 

・マネージャー・・・動画配信者のマネジメント業務をする仕事。動画配信者のスケジュール管理やブランディング、モチベーション維持などのサポートを行う。

 

・プロデューサー・・・配信における全体の統括をする仕事。具体的には、企画制作や全体のスケジュール管理、予算管理、キャスティングなど。ディレクター業務を兼任することもある。

 

・ディレクター・・・会場の管理や現場の進行管理を行う仕事。具体的には、会場のネット環境の確認、配信用の機材設置など。配信当日のトラブルにも対応する。

 

・イベントプランナー・・・企画の立案、顧客との交渉、予算管理、進行管理などを行う仕事。配信、映像、音声、ネット環境の総合的な知識が必要とされる。

 

・音響オペレーター・・・音響機材を操作し、その場に適した音へと調整する仕事。マイクやスピーカーなど、機材の運搬から設営も担当する。電気や音響の知識が必要。

 

・ビデオエンジニア・・・映像機器の調整や設定、ライブ・中継の映像制作をする仕事。具体的には、撮影機材の選定から現場での動作確認、故障時の対応などを担当する。ディレクターや撮影スタッフ、編集スタッフ、制作スタッフとの打ち合わせにも参加。

 

・カメラマン・・・配信用の映像を撮影する仕事。撮り直しができないため、当日の展開に合わせて最適なアングルやショットを選ぶ技術、知識が必要。

 

・ライブ配信監視スタッフ・・・配信中に送信される視聴者のコメントをモニタリングし、適切な対応をする仕事。炎上をはじめとしたリスクを低減する目的で行われる。

 

・スイッチャー・・・複数のカメラ映像を切り替え、配信に変化をつける仕事。カメラを2台以上用いる配信の場合に必要とされる。視聴者を飽きさせない配信を作り上げる目的で行われる。

 

・照明オペレーター・・・照明機材を操作し、動画のクオリティを上げる仕事。具体的には、光量や光の角度をコントロールする。美術的知識と光学知識が必要。

 

・配信サポート・・・配信におけるサポート業務を行う仕事。業務内容は多岐にわたり、カメラや照明、各種機材に関わる場合、映像制作の技術が求められることもある。

 

以上のように、配信業界で働く動画配信スタッフには、様々な職種があり、業務内容や求められるスキルが変わります。
しかし、どの職種にも共通しているのは、クリエイティブな仕事であるという点です。

 

近年、動画配信が人気のエンターテイメントとして広まっています。だからこそ、配信業界に関わる人材の需要も高まっていることから、クリエティブな仕事がしたい人に、動画配信スタッフはオススメです。

配信業界に関わる仕事がしたいと思ったら、まず「どんな仕事がしたいのか」「どの職種が向いているのか」をじっくり考えてみましょう。

 

なお、配信業界の職種には上記で挙げた以外に、実際に配信を行う「動画配信者」や、ライブ配信を行う「ライバー」の仕事もありますが、他の動画配信スタッフとは少し毛色が違う職種なので、ここでは割愛しています

 

 
quotation

配信業界の動画配信スタッフに求められる能力とは?

動画配信スタッフに求められる能力としては、あらゆる事態に対して、臨機応変に対応できることが挙げられます。

 

配信の仕事は、当日に何が起こるか分かりません。
予期しないトラブルに見舞われることも多いため、そうした事態が起こった時、素早く状況を見極め、適切に対処する対応力が必要です。

 

また、それぞれの職種には各種専門的な知識・技術が求められることもあります。例えば配信、映像、音声、ネット環境の知識、光学知識、映像制作の技術などです。
このため、上述の知識・技術が身についている方ならば、動画配信スタッフとして活躍することができるはずです。

 

「配信業界のスタッフを目指しているけれど、知識や技術は自信がない…」

そんな方は、大阪アミューズメントメディア専門学校(AMG)動画・配信クリエイター学科で学びませんか?

 

AMGの動画・配信クリエイター学科は、動画制作、編集、配信のノウハウを学び、身につけられる学科です。配信・編集・撮影の基礎から応用まで広く学習することができ、配信をサポートする優秀な人材として成長できます。

動画制作配信演習の講義によって、実務に近い経験を得られるのもAMGの動画・配信クリエイター学科ならでは。少しでも即戦力に近い人材を目指す人にオススメです。

 

 
quotation

配信業界の動画配信スタッフのやりがい

動画を楽しむ人が増えている近年、配信される動画の数も増えています。
そんな中、同じような動画を出しても、視聴者に楽しんでもらうことは難しいでしょう。

動画配信スタッフとして働くには、「新しいことにチャレンジする」ことが大切です。

 

逆に言えば、そうしたチャレンジができる環境であるということ。

視聴者のニーズを感じ取り、企画や提案に反映させ、新しい動画を生み出す。そうして完成した動画が高評価を得た時に、大きなやりがいを感じます。

 
quotation

配信業界の動画配信スタッフの仕事まとめ

配信業界の仕事といえば動画配信者やライバーのイメージが強いですが、動画配信者・ライバー以外にも様々な職種の人が、動画配信に携わっています。動画配信者・ライバーは向いていないと感じていた人も、他の職種であれば、自分に合ったものが見つかるかもしれません。

 

プロデューサーやディレクターなど、経験が必要な職種を除けば、動画配信スタッフは知識・スキルさえあれば、未経験からでもなれます。
まずは配信、映像、音声、ネット環境の知識、光学知識、映像制作など、なりたい職種で求められる知識・スキルの習得を目指して努力しましょう。

 

AMGの動画・配信クリエイター学科なら、プロ仕様の制作環境で映像制作や配信の基礎から応用まで学べます。
それだけではなく、プロによって講評してもらえたり、他学科と共同で配信実習ができたり、独学では決してできない経験も可能。こうした経験は、就職や転職の際の、大きなアドバンテージとなるはずです。

 

「配信業界で動画配信スタッフとして働きたい」
そんな思いをお持ちの人は、AMGの動画・配信クリエイター学科で学んでみませんか?

声優スペシャルミーティング!

小林裕介さん、土岐隼一さん、山下誠一郎さん
2/24(土)スペシャルミーティングを開催!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。