動画・配信クリエイター学科

ディレクターとは|テレビ・Web・デザイン業界の仕事内容、プロデューサーとの違い

ディレクターとは|テレビ・Web・デザイン業界の仕事内容、プロデューサーとの違い

 
quotation

ディレクターとは|テレビ・Web・デザイン業界の仕事内容、プロデューサーとの違い

役職の一つである“ディレクター”
バラエティ番組などでもよく耳にするのではないでしょうか。

 

この記事では、ディレクターの仕事内容や、ディレクターになるにはどうすればいいかなどについて解説していきます。また、混合されがちな“監督”や“プロデューサー”との違いについても説明していきます。

さまざまな業界のディレクターについて、興味がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 
quotation

ディレクターとは

ディレクター(director)とは、日本語では指揮者や管理者という意味。その名の通り、テレビやWeb、デザインなどのさまざまな現場でチームの管理や指示出しを行います。

 

その現場の責任を取る立場にあることがほとんどで、総監督のような立場となります。
また、役職としてディレクターが置かれていることもあります。

 
quotation

ディレクターとしての仕事内容と活躍の場

ディレクターの仕事内容は、活躍する業界によって異なってきます。
主な活躍の場である

 

 

・放送業界
・Web業界
・デザイン業界


の3つに分けて、詳しく見ていきましょう。

放送業界においてのディレクター

テレビ番組など、放送業界においてのディレクターは、放送する番組のほとんどの過程に携わります。

ロケ地の確保、当日のスケジュール管理や指示出し、映像の編集まで、ディレクターが全ての責任者です番組の企画に関わることもあります。

Web業界においてのディレクター

Web業界においてのディレクターは“Webディレクター”と呼ばれ、主にサイトや記事などのWebコンテンツ制作をディレクション・マネジメントします。

 

納期に間に合うようにメンバーのスケジュールや進捗の管理をしたり、クライアントの要望通りの仕上がりになるようにチェックを入れたりします。また、プロジェクトメンバーの選出や、プロジェクト全体の進捗管理も仕事の一つです。

デザイン業界においてのディレクター

デザイン業界においてのディレクターは“クリエイティブディレクター”と呼ばれ、デザインや広告の業界でディレクション・マネジメントを行います。

 

プロジェクトのメンバー選定からスケジュール管理、進捗管理、品質管理などが主な仕事内容です。広告にはグラフィック、Web、映像など種類があるため、それぞれの部門ごとに分かれてディレクターが配置されます。

 

クライアントありきの仕事であることが多いため、クライアントとの調整や売り込みも重要になってきます。

 
quotation

ディレクターと監督・プロデューサの違い

ディレクターと混合されやすい、“監督”と“プロデューサー”との違いを説明しておきましょう。

ディレクターと監督の違い

ディレクターという言葉が業界を問わず使われるのに対し、監督という言葉は主に、映画業界で使われます。

現場を指揮する責任者であり、台本や企画を行うという業務内容はほぼ同じです。

ディレクターとプロデューサーの違い

ディレクターが制作の総責任者であるのに対し、プロデューサーは予算やスポンサーとの交渉を含めた全ての権限を握っています。

プロデューサーが企画したものを基にディレクターが最高の作品を作っていきます。内容のチェックなどにはもちろんプロデューサーも立ち合います。

 

ディレクターよりさらに広い範囲で、全体の状況を掌握しなければならないのがプロデューサーです。

 
quotation

ディレクターになるにはどうする?

ディレクターになるまでのステップはどの業界でのディレクターになりたいかによって異なります。放送業界でディレクターを目指したい場合は、番組制作会社に就職して、まずは“アシスタントディレクター(AD)”として経験を積んでいきましょう。

 

Web業界でディレクターを目指すのであれば、Webデザインについての知識やスキル、現場での経験が必要です。まずは現場での作業感を知った上で、やっとディレクターとして全体をまとめることができます。デザイン業界でディレクターを目指す場合もWeb業界の場合と同じく、クリエイターとしての知識やスキル、現場経験が必須です。

 

Web業界やデザイン業界で活躍するための専門的な知識や技術は、大学や専門学校で学ぶことができます。

 
quotation

まとめ

以上、ディレクターについてでした。

 

さまざまな業界においてディレクターは制作物に対する責任が重大な役職です。その業界での経験や知識、スキルがかなり大切になってくるため、ディレクターを目指していくには下積み期間が必要なことを頭に入れておきましょう。

 

大阪アミューズメントメディア専門学校では、ディレクターとして活躍していくための知識やスキルを学ぶことができます。

興味がある方は、ぜひオープンキャンパス資料請求のお申し込みをお待ちしております。

平日 学校見学・個別相談会

学び直し、キャリアチェンジの相談がしたい!
普段の学校の様子がみたい

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。