動画・配信クリエイター学科

VTuberの仕事とは?

VTuberの仕事とは?

 
quotation

VTuberとは?

VTuberとは「Virtual YouTuber(バーチャルユーチューバー)」の略称であり、2Dまたは3DCGで動くアバターを使って動画を配信する仕事です。

 

VTuberの元祖である“キズナアイ”さんが、自らをVirtual YouTuberと名乗ったことがきっかけで、「VTuber」というワードが広まりました。

最近ではライブ配信をメインに行う“にじさんじ”や“ホロライブ”が、VTuberとして人気を集めています。

 

基本的なVTuberの仕事は、動画投稿やライブ配信をすることです。
例えば「歌ってみた」動画を投稿する、ゲーム実況をするなどの活動が行われています。

この他、人気が高いVTuberはグッズ販売や企業とのコラボ、CM・テレビ出演、ライブイベントなどの仕事もこなすことも。
特に近年は、企業や自治体がアライアンスとしてVTuberに大変注目していて、企業とのタイアップ事例が増加しています。さらに町おこしや海外進出をした事例もあります。

 

通常、VTuberの収入は広告収入や投げ銭によるものなので、1回あたりの収入はそれほど大きくなく、また動画の視聴回数に左右されやすいです。
しかし、企業や自治体からの依頼が増えている今、大きな収入を得られるチャンスも増えました。
このことから、VTuberはとても将来性のある仕事と言えるでしょう。

 
quotation

VTuberに求められる能力とは?

VTuberに求められるのは、視聴者を飽きさせないトーク力です。

 

特に1時間以上の長時間にわたることが多いライブ配信は、トーク力が伴わないVTuberだと、視聴者が途中で飽きて離脱してしまう可能性があります。

途中離脱を防ぐために、視聴者を楽しませる話し方や声のトーン、コメントに対する反応などを身につけることは不可欠です。

 

また、配信や動画編集に関する知識・技術も必要です。

特に個人で活動するVTuberは、配信内容の企画から動画の撮影、編集まで、基本的にはすべて自分でしなければなりません。

今はインターネットで調べれば配信や動画編集のやり方が簡単に分かりますが、毎回調べていたのでは時間がかかってしまいます。

1本でも多くの動画を配信・投稿するために、配信や動画編集の知識と技術を、あらかじめ習得しておきましょう。

 

VTuberの夢を叶えるために配信や動画編集の知識・技術を身につけたい人は、大阪アミューズメントメディア専門学校(AMG)の動画・配信クリエイター学科で学びませんか?

AMGならば、動画制作・編集・配信のノウハウがしっかり身につきます。将来VTuberとして活動したい人におすすめです。

 
quotation

VTuberのやりがいとは?

VTuberの多くは、自分の好きなことや得意なことを動画コンテンツにして投稿・配信しています。
ゲームが好きならゲーム実況をする、音楽が好きなら「歌ってみた」動画を投稿するという感じです。

 

このように、好きなことや得意なことを動画という形で発信した結果、ファンが増えて良い反響がもらえるとやりがいを感じます。
特に近年は、SNSなどを通して直接感想をもらえる機会が増えています。

 

「面白かった」「次も楽しみにしてます」といったコメントは、何よりの励みになるはずです。

 
quotation

VTuberの仕事まとめ

今、とても注目されているVTuberの仕事は、年齢や資格による制限がないので、環境さえ整えれば誰もがチャレンジできます。

 

自分の好きなことを仕事にできるのは楽しく、それが評価されるのも大きなやりがいになります。

「好きなことを仕事にしたい」「多くの人を楽しませたい」

そんな思いを持っている人は、VTuberを目指してみてはいかがでしょうか?

 

VTuberになるために必要な動画制作・編集・配信の勉強は、ぜひAMGの動画・配信クリエイター学科をご検討ください。

プロ仕様の環境で、基礎から応用まで学べるので、VTuberはもちろん、動画クリエイターや編集者なども目指せます。

 

「VTuberに憧れはあるけど、将来の選択肢は広げておきたい」

そんな人にも、AMGの動画・配信クリエイター学科はおすすめです。

春の学校見学会

学校説明を聞いて個別相談もしていただけます
4/29(月)・5/6(月)に開催!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。