動画・配信クリエイター学科

ポストプロダクション(ポスプロ)とは?仕事内容や必要スキルをご紹介

ポストプロダクション(ポスプロ)とは?仕事内容や必要スキルをご紹介

ポストプロダクションとは、映画や番組制作を編集する作業のことです。ポストプロダクションに興味はあるけれど、実際どのような仕事内容なのか気になりますよね?

 

そこで本記事では、ポストプロダクションについてどのような内容なのかを解説します。また、映像制作におけるポストプロダクションの必要スキルについても紹介しているので参考にしてください。

 
quotation

ポストプロダクション(ポスプロ)とは?

ポストプロダクションは通称「ポスプロ」とも呼ばれ、主に映像作品や映画の制作を撮影後に編集する作業のことを言います。また、ポストプロダクションは作業を行うスタジオや制作会社のことを指す場合も。

 

作業がすべて完成したことを「完パケ」と言いますが、この作品はメディアやWEB媒体などに納品し、そのまま放映に使用されます。

 

忙しい制作会社だと一度に大量の素材が持ち込まれることもあり、編集作業に時間を要することもあるでしょう。

 
quotation

ポストプロダクションの仕事内容を解説

ポストプロダクションの仕事内容は、主に映像編集作業の「EED」と、音編集作業の「MA」に大きく分かれます。

その他にも行う作業工程もあるため、専門的な知識や技術が必要になるでしょう。

映像編集

映像編集は、持ち込まれた素材やデータを機材に取り込む作業を行います。取り込んだデータを編集ソフトで編集作業を行い、完成後に納品用データとしてディスクに書き込む工程で完了です。

 

編集にはビデオデッキと編集機を2台以上使用し、持ち込まれたテープから納品用のテープで編集する「リニア編集」と、データ化して編集ソフトで編集する「ノンリニア編集」があります。

ノンリニア編集のほうが複雑な加工でも編集しやすく、時間も大きく短縮できるため、ノンリニア編集を採用している制作会社がほとんどです。

 

ただし、知識や技術も必要になり、慣れるまでには時間がかかるでしょう。

音編集

音編集は、映像に合わせアフレコやナレーション、音楽や効果音をつけて加工する作業がメインです。音を映像につけるだけで臨場感あふれる映像に仕上がります。

 

タイミングや効果音の種類などを調整する必要があり、センスを問われる仕事でもあるでしょう。また、音量や音質にもこだわることで、より質の良い作品に仕上がります。

ちなみに気に入った効果音などMAスタジオになければ、スタッフが制作することも。

その他

ポストプロダクションには映像編集や音編集を担当するスタッフだけではなく、撮影や音声収録、スケジューリングやデスクスタッフなど、様々なことを担うスタッフがいます。

1つの作品に多くのスタッフが関わっているのです。

 
quotation

大手ポストプロダクションに入社するための必要なスキル

ポストプロダクションに入社するために、学歴や経験、資格などの有無は基本的に関係ありません。

しかし、専門知識や技術を求められるため、以下のような項目を事前に準備しておいたほうが良いでしょう。

 

必要なスキルの例
・オンライン送稿用のファイル作成ができる
・TV-CM、VP、WEBコンテンツ等のプリントや映像ファイル変換ができる
・ポストプロダクションシステム、インフラ整備ができる

 

技術の習得は独学だと難しいため、専門学校で基礎知識を学ぶのもおすすめです。

 

 
quotation

まとめ

ポストプロダクションの仕事内容には事務作業や営業などもありますが、編集作業がメインとなります。そのため、高い技術や専門知識をしっかり学んでいきましょう。

また、日頃から感性を磨くために映画やドラマ、バラエティーなどを観て研究するのもおすすめです。

 
quotation

ポストプロダクション(映画業界)に関連する仕事は?

 
quotation

動画業界に関する記事

合格特典・プレスクール!

AO入学、特待生入学合格特典プレスクール
2024年スケジュールを公開しました

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。