動画・配信クリエイター学科

YouTuber(ユーチューバー)になるには|企画や編集などの仕事内容について

YouTuber(ユーチューバー)になるには|企画や編集などの仕事内容について

なりたい職業ランキングで1位にもランクインするほど、今注目されている職業の“YouTuber”。

 

この記事では、YouTuberとは実際どのような職業なのか、YouTuberになるにはどうしたらいいのか、仕事内容はどういったものなのかについて解説していきます。YouTubeを活用したい、YouTuberを目指してみたいと考えている方はぜひ目を通してみてくださいね

 
quotation

YouTuber(ユーチューバー)とは

YouTuberとは、YouTubeという動画配信プラットフォーム上で、オリジナルの動画を配信する職業のこと。動画はYouTubeを通じて全世界に配信されるので、世界中の人々にコンテンツを発信することができます。

 

YouTuberの収入は、主に広告収入です。チャンネル登録者数や再生回数に応じて収入が左右されるところは、夢があるところでもあり、厳しいところでもあるでしょう。

また、影響力が上がれば、案件やスポンサーによって収入を得ることもできます。また、YouTubeで得た知名度を活用して、書籍や楽曲のプロモーションやテレビの出演などに繋げることもできます。

 
quotation

YouTuberとしての仕事内容

YouTuberの仕事内容は、一言でまとめると“動画投稿”になりますが、動画投稿を行うまでには

 

・コンテンツの企画
・撮影
・編集・公開準備

 

といったステップを踏んでいかなければなりません。
これはつまり、ディレクター、カメラマン、編集スタッフの全てを自分でこなさなければならないということ。

 

複数人でチームを組んでいる場合は役割分担をしたり、予算がある場合は外部に依頼したりすることもできますが、チャンネル開設から間もないころは1人で全て行なっているケースが多く見られます。

コンテンツの企画

多くの人に見てもらえるような魅力的なコンテンツを企画するのが、まずはじめのステップです。

 

チャンネルの方向性、現在のトレンド、今の予算でできることなどを加味しながら考えていきます。視聴者の好みは多種多様であるため、その時々で柔軟な発想が求められるでしょう。ジャンルとしては、バラエティ番組のような動画や購入品の紹介、料理、食事、ゲーム実況、歌のカバーなどさまざまなものがあります。

 

今人気のあるコンテンツを元にオリジナル性をプラスしていくのか、全く新しいジャンルを開拓するのかなど、企画の可能性は無限大です。

撮影

企画が決定したら、それを基に実際に撮影を行なっていきます。
最近では、性能のいいiPhoneなどのスマートフォンがあれば十分YouTube用の動画撮影が可能です。ただ、音質や画質にこだわっていくのであれば、やはり撮影用の機材があるに越したことはありません。

 

あるYouTuberは、「あえてiPhoneで撮影することで、視聴者に親近感を持ってもらう」という意図があり、特別な機材で撮影しないことを選んでいます。このように、チャンネルの方向性やコンセプトに合わせた撮影方法を考えてみるといいでしょう。

 

また、次のステップでスムーズに作業を行えるよう、撮影の時点で編集のポイントをイメージしておくのも大切です。

編集・公開準備

盛り上がりのないシーンはカットする、雑音が大きいところは音量を調整する、シーンや動きに合わせてテロップや効果音を入れるなど、撮影した動画を編集していきます。
この作業はかなりセンスが問われる部分です。カットを入れるテンポやテロップのフォント、差し込む画像やイラストによって、動画のテイストが大きく変わっていきます。

 

編集はスマートフォンやタブレットのアプリでも行うことができます。
参考にしたい動画をいくつか見つけておき、参考にするのもいいかもしれません。

 

編集が終わったら、公開の準備をしていきます。ここで大切なのは、視聴者を惹きつけるタイトルとサムネイル、公開時間の設定です。
ターゲットにしている年齢層に合うようにそれぞれ設定し、公開します。

生配信をすることも

YouTuberは、動画の投稿だけでなく、生配信を行うこともあります。
目的は

 

・視聴者とのコミュニケーションのため
・登録者数を増やすため
・ゲーム実況のため

 

などさまざま。

生配信は編集と公開の準備が必要ないため、動画投稿に比べて手軽に行えるというメリットがあるため、動画投稿とバランスを取りながら生配信を取り入れているYouTuberも少なくありません。

 
quotation

YouTuberになるにはどうすればいい?

結論から言うと、YouTuberには誰でもなることができます。撮影・編集ができる機材と、インターネット環境があれば、どんな人でも動画投稿ができるからです。

ただ、企画力や編集能力があればあるほど、動画に活かすことができ、視聴者の増加には効果的です。

 

これらを独学で学ぶことも可能ですが、専門的な知識は専門学校や大学などで培うのがスムーズでしょう。

 
quotation

まとめ

以上、YouTuberという職業についてでした。どんな人でも目指せる職業であるからこそ、確かな技術やセンスが光る動画にすることが重要になってくるでしょう。

 

大阪アミューズメントメディア専門学校では、YouTuberを目指すために活かすことができるスキルを学ぶことができます。企画力、撮影や編集の技術はコンテンツの制作に必要不可欠。

 

YouTuberに興味がある人は、ぜひAMG大阪で一歩踏み出してみませんか?

平日 学校見学・個別相談会

学び直し、キャリアチェンジの相談がしたい!
普段の学校の様子がみたい

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。