学科紹介

 

動画・配信クリエイター学科

STREAMING CONTENT CREATOR

 
 

動画配信・映像クリエイターの専門学校

動画時代の
「楽しい」を作ろう!

YouTube、TikTok、VTuber、ミュージックビデオ(MV)、ゲーム実況・・・
新時代の「面白い」「楽しい」は、みんな「動画」からやって来る!
動画の制作と配信のスキルを身につけ、
自分だけの「面白さ」「楽しさ」を見つけて、世界に向けて発信していこう!

目指せる職業

学びの流れ

動画撮影・編集の
基礎をイチから学ぶ

 

他学科とコラボして
実際に動画配信

 

100人100通りの
就職サポート

 

AMG
インターンシップ

 

業界就職
一般就職
動画クリエイター

業界就職 一般就職 動画クリエイター

 
 
 
 
quotation

学科ニュース

動画・配信クリエイター学科の
イベント情報&お知らせ

オープンキャンパス情報

2024年5月26日(日) 13:00~15:30 (予定)  ※受付開始/12:30

VTuberつくってみる、やってみる!CG+配信体験

2024年6月9日(日) 13:00~15:30 (予定)  ※受付開始/12:30

ゲーム3学科と動画・配信クリエイター学科の スペシャルコラボ企画 『好き』に選んで自由に体験できる体験会!

© ITAZURA STORE - 8番線

2024年6月23日(日) 13:00~15:30 (予定)  ※受付開始/12:30

MV編集してみよう! PCで動画編集体験!

一覧をみる

quotationピックアップカリキュラム

01

学科間コラボが多いのも
動画・配信クリエイター学科の特長です。

他学科とのコラボ/配信実習

動画配信の、企画立案から撮影、編集、配信、告知など、すべての工程を行うことで一連の業務についてのノウハウを習得します。

声優学科イベント配信実習

声優学科イベント配信実習

「アフレコライヴ」配信

「アフレコライヴ」配信

「ダンスコンテスト」配信

「ダンスコンテスト」配信

「ヴォーカルライブコンテスト」配信

「ヴォーカルライブコンテスト」配信

02

ひとくちに動画といっても色々な種類があります。

他学科とのコラボ/動画制作実習

大阪アミューズメントメディア専門学校はエンタテインメントの学校ですので、他の学科と「共同制作」を行うことで、さまざまなコンテンツ作りを経験することができます。
例えば声優学科とのコラボで「やってみた」やミュージックビデオを、キャラクターデザイン学科やゲーム・アニメ3DCG学科とVTuber動画を、マンガイラスト学科とマンガ動画・・・などなど。たくさんのコンテンツにチャレンジしたうえで、自分の適性を見極めていくことができます。

ゲーム3学科とのコラボ

ゲーム3学科とのコラボ

アニメーション学科とのコラボ

アニメーション学科とのコラボ

マンガイラスト学科とのコラボ

マンガイラスト学科とのコラボ

03

希望する進路に合わせて
制作する動画を選択することができます。

グループ・個人での制作演習

ミュージックビデオ(MV)

ミュージックビデオ(MV)

注目度が高いMVを歌・ダンスのレッスンを受けている声優学科の学生と一緒に制作します。
ストーリーやロケーション、ライティングにこだわった動画作りを楽しもう。

VTuber動画

VTuber動画

VTuber配信に必要な基礎知識を学びながら、雑談配信、ゲーム実況、歌ってみたなど、いろいろな動画に挑戦しよう。

配信番組制作

配信番組制作

配信番組の企画、キャスティング、準備、配信、告知などすべての工程を行います。
YouTube音楽番組「アメ村TV」の配信に携わったりしながら、配信番組の制作方法を身に付けます。

quotation特長と強み

 

ポイント1

世界に向けて「楽しさ」を発信しよう!

授業では、実際に動画を制作して配信していきます。みんなで楽しく撮影した動画素材を、音やテロップをつけて効果的に編集、動画SNSへ投稿してユーザーの反応見るところまでを、繰り返し行うことで単にカメラやソフトウェアの操作方法にはとどまらない動画の制作・配信のノウハウを学ぶことができます。

 

ポイント2

さまざまなコンテンツを制作して
自分の進路を見つけていこう!

ひとくちに動画といっても色々な種類があります。大阪アミューズメントメディア専門学校はエンタテインメントの学校ですので、他の学科と「共同制作」と呼ばれるコラボを行うことで、さまざまなコンテンツ作りを経験することができます。

 

ポイント3

一般企業の就職に有利になる
動画制作・配信スキルを身につける!

情報発信の方法がテキスト→画像→動画と進化し多くの企業で広報のための動画が作られ、スマートフォンやタブレットはもちろん、駅やショッピングモールのデジタルサイネージ(動画看板)からスーパーの棚の小さなモニターまで、さまざまな画面を通して発信され続けています。
広報動画を会社内で作成する企業も急増中で、動画制作配信スキルを持った人材が求められています。

 
 
quotation

AMGをもっと知ろう!

動画・配信クリエイター学科の
オープンキャンパス・資料請求は
こちらから

quotationカリキュラム

 
 
 1年次

企画基礎

動画制作の出発点になる、魅力的な企画を生み出す方法を学びます。アイデアの出し方から、トレンドを取り入れるコツまでを楽しく学んでいきます。

ディレクション基礎

収録の事前準備から、撮影セットアップ、照明と音響の調整、カメラワーク、撮影後のデータ管理など、全てのステップをプロのディレクターから学びます。

CG基礎

「Adobe After Effects」を使って、字幕やエフェクト、アニメーション作成、映像合成などの基本的な操作とテクニックまでを学びます。

編集基礎

編集ツール「Adobe Premiere Pro」を使いこなすスキルを基礎から学びます。自分で撮影した素材を編集して実践的に学んでいきます。

撮影基礎

カメラを使った撮影について基礎から学ぶ授業です。カメラの操作方法から、光の使い方、構図の基本、撮影テクニックまで、イチから幅広く学びます。

動画産業史Ⅰ

初期の映画産業からテレビ、ビデオ、そしてインターネット時代の動画プラットフォームに至るまで、技術の進化とともに変遷してきた業界の歴史を学びます。

デザイン基礎

動画配信やSNSで重要になるサムネール画像や、動画のタイトルやアイキャッチなどの作成を通して、動画制作に必要なデザインスキルを習得します。

SNS基礎

SNSの効果的な活用方法を学びます。実際のアカウント運用を通じて、ブランド構築やマーケティングへの応用方法を身につける、実践的で楽しい授業です。

プロデュース基礎

映像作品を作るプロデュースについてだけでなく、配信などにも活用できるセルフプロデュースやブランディングの考え方について学びます。

配信基礎

VTuberやYoutuberなどの動画配信者としてとして必要な基本的な知識とスキルを、キャラクターの設計からネットリテラシーまで、実践的に学びます。

エクステンションⅠ

業界の最前線で活躍するゲスト講師が登場。動画はもちろん、アニメ、ゲーム、映画など関連分野のプロフェッショナルから直接学びます。

基礎制作演習

入学後すぐ、まずは制作を体感してみるための制作演習です。実際のものづくりを通して動画制作の一通りのプロセスを学びます。

ライブ配信演習Ⅰ

リアルタイムでのコンテンツ配信の技術とノウハウを体得します。実際に現場で必要な技術を、声優学科公演などをライブ配信することで実践的に習得します。

定期配信演習Ⅰ

学校の公式チャンネルを通じて、現実のメディア運用スキルを学びます。学校のイベントや活動の紹介など、多様なコンテンツを担います。

制作配信実習Ⅰ・Ⅱ

企画立案から撮影、編集、配信までの一連の流れを実際に手がけ、配信の全工程を体験します。世界に発信する楽しさを実感できます。

 
 
 2年次

企画応用

より高度な企画立案の方法を学びます。企画書の書き方やプレゼンテーションの仕方まで学んでいきます。

CG応用

「Adobe After Effects」を使った、動画に効果を加える方法や、CGアニメーション、VFXなどの幅広いテクニックまでを学びます。

編集応用

「Adobe Premiere Pro」を使用した高度な編集技術に焦点を当てます。創造性と技術的な洗練を兼ね備えた、動画編集者を目指します。

撮影応用

撮影、照明などの応用技術を習得します。ドローン撮影、ハイエンド撮影機材などの最新技術の紹介も含め、多様な撮影に対応できる能力を身につけます。

動画産業史Ⅱ

動画の産業史に加えて、動画・映像業界のビジネスの仕組みや様々な業態について、より深く学びます。

SNS応用

SNSマーケティングとブランディングの高度な戦略を学びます。データ分析を通じてより専門的で効果的なSNS運用技術を身に付けます。

配信応用

様々なプラットフォームでの動画配信手法や、幅広いジャンルの配信現場で必要になる知識とスキルを実践的に学びます。

エクステンションⅡ

業界の最前線で活躍するゲスト講師が登場。動画はもちろん、アニメ、ゲーム、映画など関連分野のプロフェッショナルから直接学びます。

ライブ配信演習Ⅱ

リアルタイムでのコンテンツ配信の技術とノウハウを体得します。実際に現場で必要な技術を、声優学科公演などをライブ配信することで実践的に習得します。

定期配信演習Ⅱ

学校の公式チャンネルを通じて、現実のメディア運用スキルを学びます。学校のイベントや活動の紹介など、多様なコンテンツを担います。

制作配信実習Ⅲ・IV

学んだ全ての知識とスキルを結集して、最終的な制作・配信プロジェクトに取り組みます。クリエイティブな才能を発揮し、学びの集大成を披露する舞台です。

 
 
quotation

AMGをもっと知ろう!

動画・配信クリエイター学科の
オープンキャンパス・資料請求は
こちらから

quotation現役プロ講師から学ぶ

すべての講師が業界の第一線で活躍する現役プロ。
業界の最新情報や、現場の技術はもちろん、長く仕事を続けるための心構えが学べます。

H。T。 株式会社 H。T。CREATE代表
映像クリエイター

株式会社 H。T。CREATE代表。映像クリエイター。ミュージックビデオや企業プロモーションビデオ、官公庁向けの映像制作から、テレビ番組まで幅広い映像制作で活躍中。

詳しくみる

えつ 売り方プランナー/
クリエイティブディレクター

スポットライト代表。「売り方をデザインする」。
SNS・WEB、アナログの紙媒体など、活用できるツールをフル活用し、企業・お店の売上アップ・集客・ブランディングの活動をサポート。
大阪産業創造館経営サポーター&講師。

詳しくみる

Tossy エッジワークス代表
写真・映像クリエイター

関西と関東を拠点に活動中。
企業プロモーションを中心に写真、映像ディレクター兼制作、またSNSディレクターと写真・映像制作の講師も兼任。

詳しくみる

 
quotation

業界からのメッセージ

君を待つトップランナーからの
メッセージ

動画・配信の業界を目指す皆さんへ
大阪アミューズメントメディア専門学校で学び、あなたの「好き」を「仕事」にして欲しい。

おじきちゃんさん

おじきちゃんさん

バーチャルYouTuber

おじきちゃんさん

バーチャルYouTuber

夢を追いかけ 着実にスキルアップしていこう

2010年ごろニコニコ動画などでは素人が作った動画でも見る側は楽しみ、それを糧に成長する人が多くいました。
しかし現在はどの動画プラットフォームでも動画配信技術は洗練され、求められる品質は高まり続けています。
そんな世界に飛び込み夢を追うのであれば、こういった場で教育を受け着実にスキルアップすることはとても効果的です。
自分の夢や目標に向かうために学び、役立ててくれるなら嬉しい限りです。私もがんばります!

おじきちゃんさん
小岩井 ことりさん

小岩井 ことりさん

声優(ピアレスガーベラ)
作詞・作曲・編曲、動画編集までこなす唯一無二の完パケ納品出来る声優

小岩井 ことりさん

声優(ピアレスガーベラ)
作詞・作曲・編曲、動画編集までこなす唯一無二の完パケ納品出来る声優

「あなただけの才能」は一生の宝物

いま動画クリエイターを目指される皆さんはとても勘が良いのではと思います。映像会社さんは右肩上がりの所も多く、動画編集が出来る人材は引く手あまたで、配信ブーム、VTuberブームなど、動画業界には追い風が吹いています。私自身も、動画編集が出来ること、声優であること、さらには音響の知識などを掛け合わせて「私にしか出来ない仕事」を頂けています。皆さんの興味とAMG大阪で習うことを掛け合わせた「あなただけの才能」を身に付ければ、それは一生の宝物になることでしょう。

小岩井 ことりさん
ハヤトさん(ハヤトの野望)

ハヤトさん
(ハヤトの野望)

YouTube動画クリエイター

ハヤトさん(ハヤトの野望)

YouTube動画クリエイター

要求されるスキルは高まっている

元々はシンプルな作りが多かったゲーム動画業界ですが、現在は高いクオリティの作品が増えています。それに合わせて動画制作はチームで行うクリエイターが増え、個々に要求されるスキルも高まっており、その傾向は今後もより加速していくはずです。
独学では難しかったり習得に時間がかかってしまうスキルは自分も本当に苦労したので、学校で学べるのはとても効率が良いと思います。
ぜひ意欲的に学んで、共にゲーム動画業界を盛り上げて欲しいです。

ハヤトさん(ハヤトの野望)
松井 謙介さん

松井 謙介さん

株式会社ワン・パブリッシング
取締役

松井 謙介さん

松井 謙介さん

株式会社ワン・パブリッシング
取締役

松井 謙介さん

企業にはいま動画コンテンツが必要だ

メディア運営の取り組みのひとつに「企業タイアップ記事」というものがあります。従来は、誌面・ウェブ記事で企業の商品やサービスを紹介するのが一般的でしたが、ここ5年で「動画タイアップ」というものが爆発的に増えました。動画ならば「写真+文字」に比べ、何十倍もの情報を、感情に訴えかける形で伝えることができます。未来のクリエイターたる皆様と、メディアにおける動画制作でご一緒できる日を楽しみにしています。

松井 謙介さん
 

quotation動画に関するよくある質問

QYouTuber・映像・動画クリエイターの何が大変?

YouTuber・映像・動画クリエイターの仕事は、勤務時間が不規則になりやすいです。放送日・公開日など、動画公開の締め切りに日々追われるため、動画編集が終わっていない場合は徹夜で作業することが多々あります。長時間のパソコン作業によって、身体的な疲労も溜まりやすいです。
また、映像業界は競争が激しいため、視聴率や再生数といった数字にもプレッシャーを感じます。仕事の成果が数字となって現れるため、結果が求められやすい職業です。
しかし、このようにリアルタイムで正当に評価されるため、自分の動画が結果を残した時は、大きな喜びとやりがいを感じるでしょう。結果を残せなかったとしても、即座に反省点を洗い出し、直後の動画制作から活かすことができます。

QYouTuber・映像・動画クリエイターの仕事ってどんなの?

YouTuber・映像・動画クリエイターは、その名の通り動画制作に携わる仕事です。
動画制作の大まかな流れは「企画→撮影→編集」ですが、働き方や務める会社によって、担う業務内容は異なります。また最近では、配信もクリエイターの仕事のひとつとなってきました。フリーランスで働いている方の中には、すべての工程を自分一人で行う方もいます。
作成する動画の種類はYouTube動画、ミュージックビデオ、Tiktokなどのショート動画など様々です。どの動画においても、専門知識や、独自のアイデア・センスを活かし、多くの人の興味・関心を掻き立てるような動画を制作することが求められます。

QYouTuber・映像・動画クリエイターに必須のスキルとは?

YouTuber・映像・動画クリエイターにとって、専用のソフトを用いてカット編集やテロップ制作などを行う「動画編集・加工技術」は必ず必要です。
ほかにも、人の興味・関心を惹きつける「企画・構成力」、企画のイメージに合わせた素材を撮るための「撮影技術」、動画のクオリティを左右する「デザインスキル」といった専門的なスキルの習得が求められます。
また、より良い動画を作るために、動画制作の打ち合わせや撮影をスムーズに行うための「コミュニケーション能力」、世間の評価や流行を動画に活かすための「分析能力」も欠かせません。

QYouTuber・映像・動画クリエイターになるために必要な資格は?

YouTuber・映像・動画クリエイターを目指すうえで、取得必須とされている資格は特にありません。
ただし、専門性の高いスキルが求められる職業なので、動画制作の知識を深める資格の取得はおすすめです。
画像処理分野に関連するソフトウェアやシステム、製品などの開発に必要な知識を測る「画像処理検定2・3級」、2次元CG・3次元CG制作・カメラワークなど、表現に必要な知識を測る「CGクリエイター検定1~3級」、色に関する幅広い知識や技能を問う「色彩検定2・3級」などは、クリエイターとしてのスキルアップや表現力・センス磨きに役立ちます。

QYouTuber・映像・動画クリエイターの年収はどれくらい?

YouTuber・映像・動画クリエイターの年収は、約400万円です。日本の平均年収と比較すると低く見受けられますが、全体の給与幅は300〜1,000万円と比較的収入差が大きい傾向にあります。
クリエイターの年収は、雇用形態や地域、勤続年数によって左右されます。また、働き方によっても影響を受けやすく、フリーランスとして働く方の中には、年収1000万円以上を実現させている方もいます。
このようにYouTuber・映像・動画クリエイターは、自身のスキルの高さや働き方次第で収入アップを見込める職業です。

QYouTuber・映像・動画クリエイターに向いている人とは?

YouTuber・映像・動画クリエイターに向いている人の特徴としてまず上げられるのは、YouTubeやTV番組、映画などの動画作品を見るのが好きなことです。動画を制作する際に、過去に見た作品を参考にしたり、記憶からインスピレーションを受けたりすることがあります。
他にも、動画の完成度やデザインにこだわり、常にスキルアップを目指す向上心のある方、連日の動画編集や長時間の撮影に耐えられる体力のある方、常に最新の情報や流行を追える方などは、クリエイター向きな特徴を持ち合わせていると言えます。

Q動画制作に必要な道具ってなに?

スマホ1台あれば、動画撮影・編集は十分に行えます。しかし、クオリティの高い動画を作りたい、動画制作会社へ就職したいと考えるのなら、動画制作に必要な機材を用意するのが得策です。
動画を制作するには、動画撮影に必要な「カメラ・照明・マイク」、動画編集に必要な「パソコン・編集ソフト」の5つを最低限用意する必要があります。カメラを持つ人がいなければ、三脚も必要です。

Q日本・世界のトップYouTuberは誰?

今やYouTube業界は、世界中で競争率の激しい業界となりました。
その中でも、世界トップのチャンネル登録者数を誇るYouTuberは、「T-Series(2億5000万人)」です。2位はMrBeast(1億8900万人)、3位はCocomelon - Nursery Rhymes(1億6600万人)です。
日本のYouTuber界のチャンネル登録者数トップ3は、1位「Junya.じゅんや(2880万人)」、2位Sagawa /さがわ(2400万人)、3位Bayashi TV(1880万人)です。
ちなみに、推定年収を基準とした日本のトップYouTuberは、1位Fischer’s(5億5,560万円)、2位東海オンエア(4億9,713万円)、3位HIKAKIN(2億7,892万円)です。

 

オーキャン交通費サポート!

学校公式LINEをお友だち登録した全員
交通費サポートカードがもらえる♪

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。