動画・配信クリエイター学科

VFXデザイナーとはどんな仕事?

VFXデザイナーとはどんな仕事?

VFXデザイナーとは、映画やドラマといった映像作品におけるCGを用いた視覚効果「VFX(Visual Effects)」を作成して、現実では再現できない映像に仕上げる仕事です。

 

また、ゲームのエフェクト(特殊効果)を作成することも仕事のひとつで、映像やゲーム制作におけるCG合成処理の専門家と言えます。

VFXは映画やゲームなどの幅広い分野で使用されており、映画の爆発シーンや、ゲームでキャラクターが技を使用した際に出る光や炎などの演出を作るのが、VFXデザイナーの役割です。

 

VFXデザイナーは基本的に、クライアントやディレクターの細かい指示が記載された依頼書に沿って、収録された映像に効果をつけていきます。視覚効果の作成には、3dsMAX、Maya、AfterEffects、Photoshopなどの映像ソフトを使用します。

 

キャラクターの3Dモデルを制作するCGデザイナー(クリエイター)と異なり、VFXデザイナーは、物理シミュレーションを用いたモデリングを駆使して、実写映像とCG技術を合成することが多いです。

 

しかし現場によっては、背景やキャラクターのCG制作を担当する役割を、VFXクリエイターが担う場合もあります。

 
quotation

VFXデザイナーはどんな人が向いている?

VFXデザイナーには、映像作品が好きな人、発想力や提案力がある人、円滑なコミュニケーションができる人、細かい作業が好きな人が向いていると言えます。

 

VFXを作成するにあたり、どのように撮影するかを予め決定できることが大事です。例えば、VFXで合成するカットでは映像の合成がしやすいように、グリーンバックで撮影するといった具体的な提案をすることで、作業が効率良く進みます。

 

また、VFXデザイナーはディレクターと相談しながら作品の世界観やカットの印象などを作り上げるため、相手の意図を汲み取り、自分のイメージを分かりやすく伝える高いコミュニケーション能力が必要です。

VFXデザイナーが作る視覚効果のクオリティは、作品全体の評価を左右します。そのため、1つ1つの細かい作業を集中して根気強く行えることが求められます。

 
quotation

VFXデザイナーの収入はどのくらい?

VFXデザイナーの収入は、雇用契約を結んでいる会社の規模などによって差がありますが、平均年収の相場は、初任給で300万円ほどです。

 

その後、次第に年収は増えていく傾向にありますが、300~400万円ほどが一般的と言えるでしょう。TVやCM、PV(プロモーションビデオ)、映画会社などで働くVFXデザイナーは、月収が手取り20万円代であることが多いです。

 

ゲームやパチンコ業界の場合は、収入が比較的高い傾向にあります。しかしその分、労働時間が長くなることが多いので、残業手当などによって実際の手取り額が他業界より高くなっている可能性もあります。

 

また、勤続年数が長いほど収入が増える大手映像制作会社や、基本給が低い代わりに、制作した作品の数に応じて給料が上がる、歩合制の会社もあります。同じVFXデザイナーでも、業界や会社によって様々であると言えるでしょう。

 
quotation

VFXデザイナーはどうしたらなれるの?

VFXデザイナーを目指すなら、Maya、3ds max、After Effects、HoudiniなどのCGソフトや、AfterEffectsやPhotoshopなどの画像加工ソフトを使いこなすスキルが欠かせません。

 

また、VFXのエフェクト制作時には、物理演算によるシミュレーションを利用することがあるため、物理学の知識もあると良いでしょう。物理演算は、物理運動を扱う分野で使用され、ゲームや映像作品でリアリティのあるVFXを作成するために必要になります。

3Dソフトウェアには、物理シミュレーション機能が備わっていることが多いので、各機能の動きや各パラメーターの意味を理解するために、物理学の知識を身につけると良いでしょう。

 

これらの知識やスキルを身につけるためには、専門学校や独学、通信講座といった方法がありますが、最も一般的なのは専門学校に通うことでしょう。

専門学校で学ぶメリットは、疑問点や不明点をすぐに講師に質問できる、学校の施設を使える、必然的に勉強をする環境に身を置くことができる、就職の際に有利になる傾向にあるといった点です。

 

大阪アミューズメントメディア専門学校(大阪AMG)の動画・配信クリエイター学科では、プロ仕様の制作環境で学べるため、就職に有利なスキルが身につきます。

また、声優学科と共同でミュージックビデオを制作する、キャラクターデザイン学科やゲーム・アニメ3DCG学科と共同でVtuber動画を制作するといった、他の学科との共同制作による貴重な経験も可能です。

 

VFXデザイナーになりたい方は、大阪AMGの動画・配信クリエイター学科で、即戦力になる知識や技術を学んでみてはいかがでしょうか。

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。